ダンスは、それがたとえ小さな踊りでも目の前の一瞬にすべてをささげてかけぬけることの大切さを教えてくれる。誰もみたことのないような踊り方をしたい、誰もみたことのないような足のあげ方をしたい...そう思ってダンスと向き合ってきたんだなぁと思うが、ただ踊ることは今も昔も相変わらず嫌です。だからこそ、必死にダンサー達に伝えてきた。

でも、まぁ、いつかダンサー達はいなくなる。そんなものだ。それでも、心のどこかにひっかかってさえくれればダンスを思い出したり、活動していってくれるのではないか?といつも思っている。それはプロのダンサーでも、子供達にも、学生達にも同じように思っている。

私が踊るのが得意ではないからこそ伝えられることもあるように思うのです。
2011102014.jpg

コメント

非公開コメント