前向きタイモン、稽古の日々

まもなく始まる”前向きタイモン”全国ツアーにむけて日々役者達は最大限の努力をかさねている。私はなにができるのだろうか?どうすればこの作品がよりよくなるのだろうか?ただ、稽古場に向かう。通しをみる。

そうして稽古場で日々思う事は、台詞のなかにもはいっているが、誰かが生きたかった明日を私達は生きてるってことで、そうして日々稽古をしているんだなぁとこの演劇をみていると思う。

どう伝えるべきなのか?構成は、演出は本当にこれでいいのか?いつも台詞がグルグルと頭のなかをまわっているよ。

そうして、なにもできなくなるこの不器用さ、あぁまたかぁ、他のいろんなことが遅れて、遅れて、あぁ、ごめんなさいね。

コメント

非公開コメント