9月も終わる。

2015/09/30
もう9月が終わる。シンガポール、マレーシアの活動を終えて今はバンコクにいます。そうして3日ほどミャンマーです。フェスティバルに参加して公演をさせてもらったり、現地のスペースやどんなカンパニーがいるのかをリサーチして、カンパニー同士で交流を深められる人はいないかということを探してみたりしております。

なにから書けばいいんだろうか?とにかく色々皆さんにチャンスをいただき、ただ、ただ挑戦するのみの日々のように思います。日本の役者やダンサー達と一緒にこの体験をしたいとも思うが、来たら、それは、とにかく大変だろうな?という想像しかできないからなぁ。

今は、バンコクで劇をつくることになり(演劇でははじめての海外)海外の役者さん達と...言葉もわからないまま演出です。日本からわたしの愛する女優達に来ていただきたいです。『戦略的な孤独』を女性のキャストでやる。(喉が乾く)今は翻訳と戯曲を書きなおすためにアパートの部屋にいる。稽古場はアパートから近くでこの距離しか移動しない。マレーシアやシンガポールも劇場、稽古場、時々下見、打ち合わせと同じような何処にいても同じような感じですが、それでもそれぞれの国の違いを感じる。マレーシア、シンガポールは英語だったのでまだ作品の思いなどはつたない英語で、めちゃくちゃな英語で伝えられるのですが、タイ語....なにもわからないのです。
comment (0) @ 未分類

クアラランプールからイポーに日帰り旅行

2015/09/16
クアラランプールからは電車ETSがKLCCからでていますが、これが金曜日、土曜日、日曜日はめちゃ混みなのでチケットが買えないことが多いのではやめに予約するか、もしくは、当日ですとバスがあります。

もちろん私は当日の思いつきなので、行きはバスで向かいます。バスは地下鉄バンダラヤ(BANDARAYA)から沢山でております。チケットは地下鉄をおりてすぐにバスカウンターがありそこで買えます。少し高めの快適バスにしました25RMです。その後ゲートに向かいます!3時間くらいでイポーに到着!帰りは電車にしてみました。5時の電車チケットを駅でゲット!35RMです。(イポー駅は、イポーのバスステイションから歩けますが途中でおりないように最終までいって下さいね。)バスステーションから駅までは5分くらいなので歩きました。バスの感じ↓
2015ipo02.jpg2015ipo01.jpg

その後の観光はタクシー3時間で100RMで交渉して周りました。老黄(LOU WONG)か安記(ONG KEE)というチキンライス屋さんが美味しい友達に聞いていましたのでONNKEEに行ってきました。おいしかったです。イポーの街は観光で1日で十分なような気がいたしました。クアラランプールから日帰り旅行なかなか楽しかったです!ずっと稽古や公演だったので少し息抜きで行ってきてよかった!

comment (0) @ 未分類

マレーシア in クアラランプール

2015/09/06
シンガポールからマレーシアクアラランプールに移動して、ずっと稽古でした。どうにかソロは形になり、ジョアンナさんは素敵にパワフルに踊ってくれました。衣装を担当したキャシーさんにも黒から白の衣装に変更していただいたりと、ありがとうございました。
Tpak Tari
11229404_10152966864772554_3434863783322551765_n.jpg

マレーシアの振付家達と楽屋でいろいろお話ができた。マレーシアで唯一スポンサーをつけてフルタイムダンサーを雇っているのがアスワラダンスカンパニーで伝統舞踊を中心にしながらコンテンポラリーもやっていて、アスワラ大学の舞踊学科をでた優秀な人がダンサーとして関わっているそうです。他にもとてもおもしろい作品やカンパニーを目にすることができましたし、交流がはかれました。
写真で紹介

ダンスをどのような形でわかちあうかということについて考えてみようと思います。多民族国家であるマレーシアの色がでているように思いました。中国、マレー、インド、インドネシアなどの伝統舞踊がコンテンポラリーとまじっていてフェスティバルがおこなわれるという形式に驚きました。日本ではなかなか伝統舞踊とコンテンポラリーが一緒にやることは少なく、こんなダンスの紹介のあり方はなかなか目にしないように思いました。

また、この後マレーシアやシンガポールをいったりきたりしますが、とりあえず稽古が終わり、公演が終わり、ゆっくりです。
韓国にカンジュのオープニングみてきます。
アジアセンター
オープニングがすべて終わったことろの11月に展示とパフォーマンスで行きます。なんだかオープニングスタッフとその後のスタッフがちがってやりにくいけど...しょうがないです。




comment (0) @ 未分類

シンガポール

2015/08/29
シンガポールではシンガポールインターナショナルアートフェスティバルに参加いたしました。今回は多くの振付家がよばれております。シンガポールではノーディレクションでも大きく公演をうたしてもらい、今回も沢山のお客さんが観に来てくれました。無事に終わってよかったです。まだまだ続きますので、シンガポールにこられる方はチェックしてみて下さい!→シンガポールインターナショナルフェスティバル
記事→8.25 / dance riot
2015082591.jpg


シンガポールは街としてはあまり東京や横浜と変わらないように思います。観光本にのっているような所(ユニパや植物園、ナイトサファリ、チャイナ、インドタウン)で街を1日、2日楽しめば観光は終わるよ。なので、日々東京や横浜と変わらず行く所は稽古場やアートスペーズになるわけですが、おすすめなお店、観光にあきたら是非いってみて下さい!

シンガポールよく行くマッサージ屋さん
20150827002.jpg
B1-B22/23 Liang court
177 River Valley Road. Singapore179030
tel 63390787
シンガポールの日本系スーパーマーケットのなかにあります。フットマッサージは40分29ドル、60分41ドルと良心的でとても腕がいいように思います!

シンガポールよく行くカレー屋さん
20150827001.jpg
12Gopeng street #01-82/83
lcon Village Singapore 078877
tel 6222 2921
オフィスビルのなかにあります。ランチはバイキング形式で沢山食べられて、カレーもいろいろな味が食べれて10ドルくらいです。マンゴーラッシーは5ドルと高めですが、とても美味しいのでおすすめです!

シンガポールアートミュージアムの斜め前にあるSAMというシンガポールアートミュージアムの別館はコンテンポラリーアートが中心です。なかなかよかったですよ!20150827006.jpg

是非、皆様楽しい観光を!


comment (0) @ 未分類

妻有トリエンナーレ2015 いろいろ

2015/07/31
ニブロール『リアルリアルティ』2015妻有トリエンナーレはじまります!8月15日、16日 是非遊びにきて下さい!
妻有トリエンナーレ2015
ありがとうございました。満員御礼でした。
11863471_10153060557762135_5797591275746534790_n.jpg
11855665_10153060559122135_1921839934374333077_n.jpg
11059533_10153060557767135_7897905143353910427_n.jpg


シンガポールインターナショナルアートフェスティバル8月25日です。
シンガポール
シンガポールではアーカイブプロジェクトもあり、そちらはオーストリアのダンサー振付家が矢内原のアーカイブboxを使い作品を創ってくれます。楽しみです!


マレーシアでの公演
ジョアンナターンが踊ります。振付を矢内原がしました。9月4日、5日です。
Tepak Tari

アジア女性舞台芸術会議もあります。→亜女会(アジア女性舞台芸術会議)


ゆるしてもらいたい。ほとんどなんにもならないことばかりをして、子供の頃から生きている。思い出すことと、観察すること、これが今もなお大好きです。じっと路上に落ちたものをみるなどということは、社会人なら、大人なら、いや子供ですらやらないのだろう。子供の頃からくだらないものを集めては、『あぁこれは、などという』誰にみせることもなく、ただ、ただ、路上に落ちたものを眺めては『あぁ、これは』などと繰り返して、なにもならない。価値もなく、意味もなく、そうして、ただ、じっと、些細な事を思い出すだけのことなのです。母がいつも拾ってくるな!と怒るので写真をとるようになった。くだらない写真が山積みにある。誰にもみせることもないただの路上の落とし物。世界中人々が路上ににどんなものを落としているのか?気になる。壊れた町にいくと沢山のことを発見する。色々なものを拾う。やっぱり、落ちたものを拾うというのは社会とのつながりが、忘れた記憶がみえてくるように思う。ゆるしてもらいたい。ただ、ただ、思い出すことを、様々なもの、それをかいまみることと、意味なく、価値なく、思い出すことを、ゆるしてもらいたい。
 20150731 1


comment (0) @ 未分類

帰ってきたよin横浜

2015/07/22
東京ノートが終わり、ずっと大学だった。公演が続き、みんなよく頑張りました。最終日に基礎ゼミ生とランチ。書類をすませてようやく帰る。
矢内原ゼミ

皆はとっくに劇場入りin 横浜STスポットダンスインアジア おまえいままでいったいなにしてたんだ空気感がでてるけど、私も仕事しての、いやしかしニブロールのみんな働くね素晴らしいスタッフワークに感謝!みんな、やりますよ、明日にはダンサー達と再会。フォエと小山さんなので安心してる。素晴らしいダンサーですからね♡最終日7月26日は完売。他の日はまだ大丈夫です。是非、ダンス観に来て!
ダンスインアジア
comment (0) @ 未分類

東京ノートワークイン、明日だね。

2015/07/04
演劇公演を他でやったことがなく、役者が30人ちかくいることもなく、いつも限られた少人数で、自分達と劇場と共にというのが多い私ですので、なんか色々大変です。作:平田オリザさんの東京ノートの構成を自由変更、色々自分の言葉も付け加えたりしながら稽古はすすんでおります。(もちろん許可はもらっているよ)自分以外の戯曲をやるのは初めてのことです。つねに、自分の戯曲しか演劇にしてきませんでしたからな.....やっぱり戯曲の力をおもい知る。うーん、難しい。リーディングは吉祥寺シアターの稽古場でおこなわれるので一瞬でチケットは完売です。当日券もありません。すいません。リーディングはリーディングに参加してくれてる役者達と共におこないます。3月の公演は青年団の役者さん達が中心です。MYPからも数名の女子達が参加いたします。自由進行、自由発想、自由にという言葉を胸に刻み込み、役者達叫んで声がかれております。明日、観に来てくれるお客さんが少しでも楽しんで帰ってくれますように、怒濤の30分です。吉祥寺シアター稽古場でお待ちしております。ワークインに参加してくれた役者達に感謝です。

2015070420.jpg
20150704001.jpg
吉祥寺シアター10周年記念企画
ミクニヤナイハラプロジェクト「東京ノート」リーディング公演 
2015年7月5日(日)15:00/17:00 @吉祥寺シアター3F稽古場
【定 員】各回30名(先着順)
【予約方法】SOLD OUT
【お問合せ】吉祥寺シアター 0422-22-0911
comment (1) @ 未分類

ニブロール『リアルリアリティ』愛知芸術劇場

2015/06/08
名古屋、本当にありがとう。愛知芸術劇場での公演無事に終了いたしました。本当に劇場の皆さん、満員御礼で観に来てくださったみなさん、名古屋ダンサーズの皆さん本当にありがとうございます。ニブロール一同感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
ニブロール感想
20150607 001

そうして、今日本屋さんにいくともう妻有トリエンナーレの宣伝がでておりました。そう上郷クローブ座という新しいパフォーマンスをみせる施設で『リアルリアルティ』をやります。このチームで挑みます。皆とてもよいダンサーで回をかさねるごとに様々なことにチャレンジしてくれます。本当はここはすごくよくなったなぁと思うことは多々ありましたが、そんなことは一言も言わずに『ぶつからない』ことをテーマに日々私達は、いかにぶつからず道具を運ぶのか、踊るのか、いや、生きていけるのか?を探り続けます。そう、『ぶつからない』踊りの練習よりも道具を運ぶ、タンスやその他いろんなものを押すの繰り返しです。(ダンスとタンス、おおおこれは発見!似たようなものを押していたのですね。)
しかし、ぶつかります。いかに私達の時間が生であるかをいつも舞台は教えてくれます。稽古でやっても、何度やっても、そう、ぶつかります。(笑)だが、しかし、次こそは!と思うのです。次があるというのは楽しいことです。ワクワクします。皆さん、是非、妻有トリエンナーレ来て下さい!

名古屋のダンサーが踊ってくれていた所を東京から募集しようと思っています。是非、挑戦してみて下さいね。

夏は遊ぶぞ!浴衣もってこい!というと小山さんは『またですかぁ』と言っていましたが、そうまたです。今年は浴衣でソバを食べにいこうと思います。
妻有トリエンナーレ2015
2015060801.jpg

comment (0) @ 未分類

ニブロール『リアルリアリティ』ツアーの続きが始まる。

2015/05/25


是非、皆様劇場でお待ちしております。ニブロール
comment (0) @ 未分類

フィリピン マニラ

2015/05/19
マニラ初めて来た国でした。カナバルフェスティバルに行きました。短い期間のリサーチでした。マニラといえば父が手伝ってるマイマニラというスナック店があります。マイマニラのオーナーさんはとても良い人ですが、マニラでは1ヶ月に1人日本人が死んでるよと耳打ちされ怖い街だと思っていましたが、そうでもないと思いました。フィリピンマニラのインディペンデントシアターはまだまだこれから色々な形で発展してゆくのだろうと思いました。若いアーティストや制作の人達が一緒になって頑張っておりました。
fMKN201505.jpg
フィリピン大学のほうもいきました。3日間という短い時間で時間がなく施設を観ただけですがホールや美術館、芸術学部....立派でした。
201505910.jpg

なんとなく疲れたので、レストランでスープをオーダーした。するとそのスープには、パイナップルがトマトスープのなかにういている。それを観た時にフィリピンという国は節度がないのかなどど思ったが、これが美味しかったりする。もともとトマトのなかのトマトは嫌いな私ですが、酸味と酸味がかさなるとその酸味が消えてしまって、別のなんだかよくわからない味になって、最後にパイナップルのなにかが残るのです。これが最後に残る味がトマトだと夢がなくなるところでしたが、パイナップルだったのでなんとなく夢が残った感じがした。写真を撮るのを忘れましたが、違う写真を一人分を頼んだのにこの量だったレストラン。ふざけるな!こんなの全部は食えないということです。チェーン店だと思いますが2wayparkというお店だったように思います。
20150517.jpg

マニラの渋滞は尋常ではないということは聞いていたが、まじで凄いです。私はケソンCityにいましたので、電車で20分くらいならマニラ中心地も行けるななんて思っていましたが、無理です。もし観光でフィリピンマニラに行かれる方がいましたら、絶対に中心地、観光地の近くをお勧めします。タクシーも渋滞がひどいからと言って行ってくれませんので、ケソンcityからマニラに観光などと思ってはいけません。無理です。
20150596.jpg
↑乗る時、長い列が階段下まで続きます。電車を使おうなんて日本人が思ってはいけないと思ってしまった。それに電車の切符を買うのに、列にならんでカウンターで買わなくてはいけなく、切符を買うだけで尋常ではなく混み合う。こんなのおかしい、こんな大都会でカウンターに並んで切符を買わなくてはいけないなんて、みんなおかしいと思わないのだろうか?マシーンをいれてもらいたい。切符を買うマシーンいれられるだろうと思っていたら、横目にハッ!新しいマシーン!つくのか、いよいよつくのか!次に来る時にはついているはずです!
20150598.jpg

観光は演劇やダンスをみていてまったくできませんでしたが、まだよくわかりませんが、1月からの活動に向けて情報を収集していきたいと思っています。




comment (0) @ 未分類

4月が終わろうとする。

2015/05/01
ようやく4月が終わる。やはり、4月は忙しい。いや、忙しかった。なにがって、なにもかもが忙しい大学という所はそういう所なのです。どうにかなれてきました。

●文化交流使というものに任命されて、9月から日本におりません。どうなるのでしょうか?不安でいっぱいですが、まぁどうにかやってきます。→平成27年度文化交流使
顔がどんどんはれてくるね、病気だね。

●ダンスインアジア募集!是非皆さん応募してみて下さい!→ダンスインアジア募集要項

●ニブロールの公演は名古屋、妻有と続いて、デュオバージョンのリアルリアルティをシンガポールでやる予定です。シンガポールアートフェス2015→リアルリアルティ 



comment (0) @ 未分類

215年4月

2015/04/21
大学にいると4月新しい季節の始まり、それは地獄の時であります。まったく時間がなく、色々な準備におわれます。文化交流使なるものに任命されても、もちろん忙しく任命式にも行けない、後日行った時は寝起きでしかも新幹線のGがかかり気分が悪いという状態でボロボロでした。あぁ、残念です。

ダンスインアジアというイベントをやってきたのですが、今年は日本で横浜STスポットでもおこなうこととなりました。是非、お時間のある人はダンスインアジア公募枠にチャレンジしてみて下さい。私としては若い振付家や学生達にアジアに公演をしにいってもらいたいのです。昨年は近畿大学の人達に台湾公演に参加してもらいとても刺激を受けていました。台湾、香港、韓国と公演が終了し、いろんな事件もありましたがまぁー勉強でした。

もちろん、振付家がはたすべき役割なのでしょう。色々な道を模索し、可能性を探るということは、そうしてそれをあわよくば、皆さんにやってもらうということを強く強く願うわけです。



comment (0) @ 未分類

3月も末です in ベトナム

2015/03/24
仕事があって、ついでにアジアでなにをするべきか考えるリサーチが一足先に始まる。帰国してからの大学の卒業式。

ダンスや演劇やデザインや文化や家族や子供や映画や絵画や音楽やエコやその他色々なものは本当に人を豊かになんかするんだろうか?そんなの嘘だと時に思うのです。こうすれば失敗しないよというのはやっぱり押しつけでしかなくて、それで確かにお金は一瞬潤うだろうけど、きっと人を豊かにするものなんて存在しなように感じる時がありますので、はっきりと、これで人は豊かになる!!とは私には言えないし、これで人がつながるとも言えない。

生きるということはとても緊張感がいる。生きるということを考えるとすべての人々の人生において簡単なことではないように思う。『簡単ですぅ』なんていう奴はきっとなにもわかってないんだと思うのです。そりゃ難しいよ。『生きることはとてもシンプルですよ、ホホホ』なんて言う奴の言葉なんて信じない。嘘くせぇ。色々考えてるっていうの。

生きてゆく、呼吸をするのにどんな緊張が必要なのか、もしくはあるのかは、きっと、それは、人それぞれ違うのでしょう。多様性があり、これだと言えない、欲望と生活そのものすべてを豊かさと人はよく勘違いするように思うが、生きるというこの緊張の意味を探すことこそがなにかを変えてゆくことできるたった一つのことのようにも思うのです。が、しかし、これが、また、どう人に伝えていいのかわからなくなる。私はいつも想像する最後のひと呼吸を。まだまだ自分自身が道なかばのように、今ある概念をくずせていないと思うのですが、後20年たてば皆が私と同じ年になる。若者達よみんなの思いどおりになればいいのに〜と思っている。卒業式をありがとう。そうしておめでとう!寂しくなるよ、さようなら、元気でね、いつでも会いに来て下さい。

●ベトナムタクシー
ベトナムではまずどこの空港もタクシーに気をつけて下さい!ハノイ空港から街までタクシーは350〜400万ドン、ダナン空港から60〜100万ドン、ホーチミンから100万ドンくらいです。タクシーは乗る前にカウンターと強くいう、ふっかけてきましたらすぐにストップ!と言っておりましょう!
●お土産
市場などのお土産屋や屋台などはだまされる可能性があるので値段を聞いてから購入して下さい。半額を言っても大丈夫です。そうして、コーヒーは必ずコーヒー専門店やスーパーマーケットで買うのをおすすめします。

また、アートスペースなどについては後日書きます。ハノイもホーチミンもダナンもフエもそれぞれに面白いスペースがありました。

写真はベトナムコーヒーを道ばたのカフェで飲みました。皆さんおすすめです。
20150320001.jpg


comment (1) @ 未分類

終わったよ。

2015/02/25
wakayamabus2015222001.jpg
和歌山上富田公演にはバスで関西からお客さんが来て下さり、コンテンポラリーダンスの企画ではじめての100名を超えるお客さんが上富田文化会館に来てくださったと劇場側もとても喜んでくれました。本当に皆さんお疲れさまでした。

まだまだこれから変化してゆきたいと思っている『リアルリアルティ』このあと、愛知芸術劇場でもまた大きく変更になると思います。そうして、東京で観ていただいたお客さんにも大地の芸術祭妻有トリエンナーレでまた観ていただけるように進化します。シンガポールまで走っていけますように、是非、観た人もどこかの機会で観に来ていただけるとうれしいです。

ー反省日記ー
情報量が多すぎるということを世界中どこでも言われる。(最近そうでもないのではないかと思うくらいシンプルになってきたなぁーなんて思っていたらそうでもないそうです。)固定してそこにはずっとないダンスにおいて、私の方法論だと永遠に振りの情報量が増え続けて、それがどんな意味なのかということが欠落する。それは、演じるダンサーだけには理解して踊ってもらわなくてはいけない。ここには説明とどういう意味なのかを言っていかないとわかってもらえない。同じ時間を永遠に繰り返す意図の道具係にはやはり稽古しかなく、それが道具係にならにようにしたいのです。どういう気持ちでどうダンスにつながってゆくかをやりたいのに、今だに道具係になる。そうしてバランスが非常に悪い。それを完璧にしたい、シンプルなものは完璧じゃないと素人のようなる。そう、もう素人の踊りはしないのです。(もうずっーとやってきたから)振りの完成度と時間表現をあげて、完璧なものにしたい。なかなかそのようにはいかない。これには稽古がいる。どんなことをしても稽古がいる。そうして、これはできるが、これができないなんて言ってはいけないのです。そんなレベルのダンサー達とは今は仕事してないのです。(昔はじゃなんて簡単な振りに変更していましたが、今はないのです。)どのような形になってもそれを自分自身で表現できるようにするのです。まぁビデオを観ても反省が多いです。次の愛知につなげます。和歌山公演のビデオをみて1人でイライラしてる。ダメだしノートを作成。続くというのは恐ろしく楽しいことです。ずっと考えて創っていられます。では、皆さんまた新しい旅にむかいます。
_N710667000.jpg
comment (0) @ 未分類

和歌山公演の情報!

2015/01/29
和歌山公演の情報です!大阪からはバスがでるそうなので、是非関西方面の皆様ご利用いただければと思います。よろしくお願いします。

ニブロール『リアルリアリティ』
2月22日(日)at 上富田文化会館

【日時】
2月22日(日)15:00開演
※14:30受付開始/14:45開場

【会場】
上富田文化会館
住所:〒649-2105 和歌山県西牟婁郡上富田町朝来758−1
TEL:0739-47-5930
アクセス:http://www.town.kamitonda.wakayama.jp/kami30/kami30.html

☆大阪駅から大型バスにて会場まで往復送迎します!
集合・解散場所:大阪駅(ハービス大阪 リムジンバス乗り場向かい)
集合時間:2月22日(日)11:50(12:00出発予定)
解散時間:2月22日(日)19:00頃予定
料金:3500円(チケット代込)
お申込み:ticket@precog-jp.net
上記アドレスに件名を「ニブロール和歌山公演 送迎希望」とし、本文に「お名前、一般/学生、枚数、電話番号」をお書きの上、メールをお送りください。
※送迎込みのチケットは先着45名様限定となりますので、お早めにお申込みください。

【チケット】
一般1500円/学生1000円/小学生以下無料
※大阪駅からの送迎バスを利用される方はチケット代・送迎代を含め3500円

【チケット予約】
ticket@precog-jp.net
上記アドレスに、件名を「ニブロール和歌山公演」とし、本文に「お名前、一般/学生、枚数、電話番号」をお書きの上、メールをお送りください。

【お問い合わせ】
プリコグ 03-6825-1223 info@precog-jp.net
comment (0) @ 未分類

ニブロール 『リアルリアリティ』

2015/01/26
ニブロール『リアルリアリティ』@世田谷トラム無事に終了いたしました。反省はつきなく、全体を、ダンサーをもっともっとみなくてはいけないと反省、どう踊るべきなのか?どう持つべきなのか?どうみるべきなのか?やっぱり見続けていないと、色々甘さがでてきて、どんなに手首が痛かろうと、ケガがあろうと、しんどかろうと、共有してつきつめてゆくべきだと、それは踊らない所は特に稽古する必要があるということを痛感させられる舞台でした。4人のダンサー、映像、音楽、美術、舞台監督、制作、劇場、観客、その他の多くのスタッフに助けられました。ありがとうございました。
東京世田谷トラムリアルリアルティ感想

みなで時間を共有して、これからツアーにでて、様々な形を試してゆきたいと思います。時間をかけて、どう作品と向き合ってゆくべきかを考え続けたいと思います。ダンスはやっぱり身体とどう向き合ってゆくか?どうみつめてゆくか?課題は多々残ります。ダンスを創り続けてきた自分にとって、これからどこに、どんなふうに向かうべきなのか?ダンサー達とダンスについて一緒に考えてゆきたいと思います。小山衣美、鶴見未穂子、森井 淳 、石垣 文子の身体と向き合いひとつ、ひとつ丁寧に時間をかけて、よりよい作品に一緒にダンサー達と映像、音楽、美術も共に考えて、変化してゆけることがとても楽しく思います。和歌山や愛知、妻有トリエンナーレでは形を変えて、またいろいろ各地でご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

20150126 9
2015012611.jpg
2015012610.jpg
201501268.jpg

photo: Hideto Maezawa





comment (0) @ 未分類

相談

2015/01/16
相談をうけるので、将来どういうふうになりたいのか?学生に聞くと『幸せになりたい』という答えが帰ってくる。そう、それは誰もが思うことなので『どう幸せになりたいのか?』と聞くと『うーん、どうなんでしょう?』と言う。そうして私はこう答えるのです。『そうね、自分で考えて』って、幸せなんて人それぞれちがうのであります。いかに生きるか?なんて考えていると不幸になるような気もしますので、封印、私は自分で好きなことばかりをやってきておきながら、すごーい幸福だと思ったことは一度もないものですから、封印です。だいたい性根が腐っていて、幸せそうにしている人をみるとぜんぜん面白くもないし、楽しくもなく想像もふくらまないのです。どうすれば幸福な人をみてあぁ幸せそうでよかったなどと思えるような人間になれるのかを私に教えてほしいくらいだ。その点、不幸な人は面白い、不細工もそうだ。不細工にかぎって空気がよめなかったりするのが、また面白いなぁと思う。私という人間はいい加減で、でたらめなので、こんな人間になってはダメです。

マオリッオカテランの作品をみたことを思い出していた。
棺を埋めるために掘った穴。その土を掘る時間が、残されたものの、生きてゆくものの時間のように感じられる。この土のなかに幸福はあるのか?
kareten201501.jpg
これを掘るのには身体がいるわけで、身体がここにないのに身体の領域を感じる。そうして、どうにか地下で生き延びて、広々とした空の下にいつかでてみたいなんて思っている。などと思うのです。

そうして劇場入りは来週です。ニブロール リアルリアルティよろしくお願いします。

comment (0) @ 未分類

2015

2015/01/07
あけましておめでとうございます。
昨年は忙しく色々やらしていただき感謝しております。
今年もいろいろあるので、おいおいと報告していけたらと思っております。

ニブロール『リアルリアルティ』世田谷トラムでの本番はじまります。まぁ3年ぶりになる新作ダンス公演ですが、どうにか走りはじまました。そうしてもう劇場入りです。是非、皆さんに観ていただきたいです。よろしくお願いします。素晴らしいダンサー達が出演してくれております。是非、皆様世田谷トラムにダンサー達を音楽を映像を美術をダンス公演観に来て下さい。
ニブロール
comment (0) @ 未分類

書き始めるのと同時に振付も始まる。

2014/12/07
たぶん演出や振付するよりはるかに私にとっては書く作業はしんどい。

なにかを書く時にfacebookなんてみない。みんなが友達や子供と楽しくどこそこに行ったや、ご飯がおいしかった楽しいなどと書いてあるとと途端にそこに行きたくなるし、人の幸福をみてもちっとも楽しくない。苦しい稽古や宣伝などならいいが、本当の幸せ(リア充)をみせられてもイライラしてするだけの、ちっぽけな人間なんだと自分で自分のことを恨んだりする。なので、いつも本に逃げる。

でも、関係ありそうな物語的なものを読むとまったく同じものを書いたりするので読まない。なので、だいたい対談か批評などを読むわけです。

対談本の楽しい所は、時々人がけなされていて、そうなると途端に楽しい。わぁーなんでこの人はこの人のこの考え方に批判的なのか、今は司馬遼太郎対談集『日本人を考える』を読んでいる。日本人がなんなのか?ということに考えると柳田国夫のことも好きなのですが今はこれを読んでいる。

『日本人を考える』の対談のなかに「100キロほど向こうに東ドイツがある。そういうストレスにいまだかつて解放されたことがないと西ドイツの人が言っていた」というくだりがある。この対談がおこなわれたのは昭和45年2月だ。今はそのストレスはなくなっている。今この手にある本より時間がたち、そのことが解決したのだと思うと.....今あるこの時から過去にむかって叫びたくなる。『昭和45年の西ドイツの人たちーもう壁は崩されたよ』

エドワードサイードの言い残した言葉のように、今は解決しなくてもいずれは解決するだろうという根拠なき希望を抱くことができる。そうして、壁はくずれたんだ!という根拠なき希望を抱いて、もう今日は寝ることにします。

疲れました。いつか、休みはやってくるという根拠なき希望を抱いて私はもう寝ることにします。ごめんなさい。なにも進まなくてごめんなさい。

毎日が忙しく、本当にニブロールの『リアルリアルティ』などできるのでしょうか?関西でも稽古は続きます。
ニブロール



comment (0) @ 未分類

合同舞踊、無事に終了しました。

2014/12/01
第2回合同舞踊公演『それより僕と踊りませんか?』初日あけました。演劇には演劇実習があって、なんでダンスには実習がないのか?という疑問を選考会議で話しあい先生方にやるべきだと言っていただき、1回目の『ケレレ』を非常勤の先生に手伝っていただきながらなんとかやることができました。が、しかし、その後、色々あって実習は専任でやれということで、確かに演劇実習は専任の先生がやっています。今年からなくすか、専任でやるか話しあった結果、やっぱり合同舞踊実習は学生のためにやるべきだということで、色々なプランを考えやることとなりました。F/Tとかさなり、卒業舞踊とかさなり、少し手直しをするだけ後期は1回生以外の創作クラスは楽勝だなぁと思っていました。(ちがってました)それでも、みながそれぞれで創作したものを、ちがう、おかしい、変更、ダメ、良い、面白い、と意見しながら皆のダンスと向き合いながら2週間がすぎましたが公演ができ本当によかったです。

今はまだ、踊れる、踊れないに関係なく、踊りたい気持ちがあるか?どうか?ということだと思うのです。授業(稽古)にでていなければ一緒にこの風景はみれないし、稽古をしなければやっぱり公演はできない。私はテクニックによって人をみないです。ただ、やる気があるか?ないか?だけです。1回生も初めて踊った人、演技をした人は沢山いますが、まじめにコツコツとやった人、あきらめなかった人、挑戦した人はやっぱり成長していると感じるし、嫌になることもあったと思いますが、演技もダンスもよくやってくれました。確かに学生生活は、色々やることがあって大変ですが、やる気のない人にひっぱられたり、途中であきらめたりしないでもらいたいと思います。踊り、台詞を憶える、ま違えない、稽古、リハーサルを日々かさねる、失敗しない、稽古でできないことは本番でもできない、周りから人をサポートしたり、されたり、という基本中の基本を1回生のうちにわかっていただきたく思います。事務所でも専門学校でも養成所でも短大でも普通は1年か2年で基本中の基本を教えて社会にはなたれます。ただ大学はもう少し丁寧にやりますが、やる気のない人までももちあげることは、私にはできません、そんな人に関わりたくもありません。関わり方だって色々あるし、そんなの自由です。高校とちがって大学だから強制なんてないです。ただ、大学という所は少しでもやる気があればそれは別です。

社会にでればやる気はあっても仕事がないという状況は多々ありますからね。

私自身はできるできないに関係なくやる気があるだけで関わっていきたい人です。今回ははじめて本番前の1回ゲネに全員がそろいました。昨年はそろわなかったのでまぁよしとしましょう。来年からは本番前の通しには2回ゲネには全員がそろうような環境を目指していきたいと思います。皆の意識が高くなっていくことを目指して、ゆくゆくは有名な人を俳優でもダンサーでも戯曲作家でもだしていきたいと思う今日このごろです。

自分の研究(舞台活動)とどう両立していけばいいのかは悩むところです。色々な仕事を調整しながら(断り)ながら、それでも大きな仕事だけは断れないし、研究活動(舞台活動)も続けていかないと、学生達に還元していけるものが私には"ない"と思うのです。もう少し時間があれば、大きなプロジェクトを大学にも理解していただき、将来的にやっていければと思うのです。卒業舞踊公演と合同舞踊公演は死にますねー、反省は色々ありますが、大きな反省は、卒業舞踊と重なり生駒舞踊などの企画がチェックしきれず創作の授業をとってない人が企画をだしただけで創作できたりするようなシステムは変えていきます。クレームもチラチラと聞き、確かに不公平だと、作品を創作し発表する機会を生駒舞踊、合同舞踊はきちんとしていかないと近畿大学という枠のなかでやっているので、つみかさねた時間によって評価を決めていきたく思います。ミスだと反省してます。外で自由にやれるので特に大学にいる必要もない人は辞めて外でやったほうがいいね、応援してる。来年は阪本先生です!ヤッター♡→矢内原ゼミ
20141201001.jpg

comment (0) @ 未分類

始まります。

2014/11/26
桜の園感想をみています。お客さんが沢山来てくれました。F/Tの皆様、観客の皆様、スタッフの皆様、出演者の皆様ありがとうございました。これで、当分演劇をすることはなく、ただただボーッと余生を静かななかで生きていきたいと思うのですが...色々始まります。南の島に行きたいという呪文を何度となく繰り返しながら、新幹線のなかで休むという生活が長くは続けられないように思う今日このごろです。

近畿大学では今年で2回目となる合同舞踊公演『それより僕と踊りませんか?』がはじまります。みんな一生懸命やってますので是非、観に来ていただければと思います。→矢内原ゼミ

世田谷トラムで行われるニブロールの公演リアルリアルティの稽古が始まります。→ニブロール
世田谷トラム、パブリックシアターには大変お世話になってきましたので、はずかしくない公演にしてゆきたいと思います。色々回る所も決定しているようです。
rr2.jpg

そうして、香港での公演もまもなくです。香港にいる人は是非観に来て下さい。
関西のダンサー達が踊ってくれます!
64367_1568203073403056_8575784389709189803_n.jpg





comment (0) @ 未分類

フェスティバルトーキョー『桜の園』

2014/11/17
本当に毎回多くのお客さんが来て下さり、枯葉まうギリギリまで座ってみて下さりありがとうございます。いろいろな人に助けていただいて、どうにか本番を終えることができそうです。ありがとうございます。


ゴキブリ芝居から価値のない劇とたたかれますが、いいのです。私は叫ぶ姿をみるのが好きだ。幼い頃に大きな声で家のなかではしゃべれなかったからもしれない。矢内原家は厳しいのだと思う。人の価値というのは何で決まるのだろう?価値のないものというのはなにか?と聞いたことがある。『完成の放棄の連続、それがジャコメッティの彫刻なんだよ、それをみると価値がないものはない』そう言っていた。私にとって叫ぶということは完成の放棄の連続になりうるものだろうか?うるさいと削ってなくなってしまうそのことは交わるだろうか?これで演劇は当分やれないが考え続けよう。そう、最後なんてないのだから、今日のMYPの舞台桜の園は最後になりますが、考え続けよう。人の悲しみが本当にわからないのなら言葉なんておぼえるんじゃなかった。私は叫びながら価値がないと言われた自分自身に、価値がないと言われる人に価値があると叫びたい。叫べないのなら、言葉なんておぼえるんじゃなかった。それでも、表現したいという思いを皆とともに抱えて舞台をつくる。すこしでも届くように叫んでいたいと思いながら千秋楽に向かいます。

comment (2) @ 未分類

稽古場から

2014/10/21


これでいいだろうか?どうすれば伝わるだろうか?どうすれば完璧になるだろうか?と日々考え続けながら、少しづつクオリティーをあげながら、体力やら、喉やら、いろいろ体調を整えながら皆、全員で初日にむけて、何度も考える。何度も戯曲を読みなおし、本当にこれでいいのか?いいはずだと、通しを何度も何度もして、気がつく、そうしてなおす、できなかった所を何度もやる。それが日々です。是非、多くの人に観に来ていただきたいです。フェスティバルトーキョー2014『桜の園』稽古場から、よろしくお願いします。

comment (0) @ 未分類

フェスティバルトーキョー『桜の園』

2014/10/15
ただいまフェスティバルトーキョー『桜の園』にむけて日々稽古です。なかなか大変ですね、大阪ー東京といききしながら芝居をつくるのは.....まぁしかしやるだけなのですが......はやめはやめに稽古を進めてきました。もともと稽古嫌いの私ですので、とにかく演出や振付は前もって準備しておいてそれを脅威的なはやさでやるそうです。(周りに言わせるとですよ)それでも、できるようになるまでに時間がかかる。ひとつも間違いたくない、動きを複雑にしてなるべく様々な角度からみせたい、スピードをあげたい、などと自分達でやる時は、なにひとつ妥協をしたくないという気持ちがわいてきますね。それに出演者も答えてくれるでしょう。今この瞬間にある身体が言葉でできること.....考え続ける。

2週間前ともなると毎日通しです。1週間前になると1日2回は通します。(普通です)今回は1時間30分程度なので稽古は最短で3時間、アップをあわせると3時間30分で終わる計算になります。間違えなければ、ながくてもこれからは4時間程度で稽古が終わることになります。

そんな通さなくてもできるよと言う人は現場ではいませんが、みんなの目線が時々怖いですが、そんなのはまったく、気にしない強い心を持って何度も通しをみて、できてない所をダメだしします。(ネクラ作業です)間違えた所はすべて付箋です。その付箋はただのまちがえた所なので、それが消えてようやくステップアップです。なんでもまちがえないで、最後までやりきるというのには時間がかかります。何度も何度も通しをして、圧巻の舞台を創りたいと思います。

それでも、時々不安にさいなまれます。どこまでできるだろうか?

チケットよろしくお願いします。
だいぶ売れてきましたよー
桜の園

comment (0) @ 未分類

わかっていたが忙しい

2014/09/15
F/T2014桜の園の稽古は続く。週末しか東京にいないせいで週末しか稽古ができないが、関西でも平日は卒業舞踊、舞踊実習の稽古、香港公演(off-Nibroll)with 関西ダンサーがある。たぶん授業はすべて実習公演のために動かないととてもじゃないけど公演はできないでしょう。卒業舞踊もあります。関西方面の皆さん是非、新しくできた近畿大学のホールに遊びに来て下さい、関東方面の皆さん是非、ミクニヤナイハラの演劇新作『桜の園』を観に来て下さい!わかっていたけど厳しい。生きていれるかどうかわからない。

●ミクニヤナイハラプロジェクト『桜の園』 9月20日~27日までの先行予約がかなりお得!予定が決まってる方は是非、先行予約で2450円で買えるそうです。ふっとぱらですF/T皆さん、チケットがそれほどないので本当に早めに予約して下さい。よろしくお願いします!→ミクニヤナイハラ『桜の園』先行予約

●大学の情報はゼミのブログにあげてます。→ゼミのこと実習のこと大学などたいして意味はないように思っていたが、自分がどう生きるかということを考えるとあっていいようにも思う。ないとやっぱり大変だと思う。親は大変でしょうが4年間どうにか目をつむってあげて下さい。あっというまの4年間皆の思うように、好きなように、いろんなことに取り組んでもらいたい。どんな遊びよりも面白いことをみつけられるといいなぁと心から思っている。だから、なにがダメとか、これがダメとかないよ。自分の好きことを一生懸命やればそれでいいよ。なんの理由も意味もなく稽古や授業を休むのはダメだけどね。皆がへんな養成所とかプロダクションとか事務所にだまされませんように、世の中は悪い所も沢山あるので気をつけてほしい。ひどい所ならヨガスクールとかダンススタジオとかに通うほうがまだ身体ができるのでよいかと思います。気をつけて下さい。


comment (1) @ 未分類

金沢です。短いスパンで考えよう!

2014/08/26
大学の報告会は無事に終了いたしました。ありがとうございました。→ゼミ報告

そうしてニブロールsee/sawの公演で金沢にいる。是非、皆さんお越し下さい!夏の最後の思い出に金沢芸術村金沢21世紀美術館ともにセットでくるといいよ!


3年前に創った see/sawは国内、外とずっと再演が続き毎回新しいメンバーが加わり毎回変更、色々記憶について、人について、色々考える3年前横浜で観てくれた人がこの世にいない、あぁ私は生きてきたんだとなぁと3.11がなかったらこの作品形態はないし、大学にも行かなかったでしょうね。まぁ、なにも変えられないという事実は変わらず事実としてあるのですが、新しく人と人が出会ってゆく、きっとこのメンバーで踊るのはこれが最初で最後なのだろうと....

これを乗り切るとフェスティバルトーキョー桜の園の稽古が始まるので、ずっと戯曲と向き合わないと演出ができない。後期の授業もあって、無理じゃない、今年を乗り切ると思うともう嫌なので、短いスパンで考えよう!余計なことは考えない、気にしないであります。
comment (0) @ 未分類

終戦記念日

2014/08/15
69回目の終戦日。矢内原のじいちゃんは広島大学生1年生18歳の時に戦争にかりだされたそうだ。戦争のことは話してくれなかったけど、戦争の時の写真を死んだじぃちゃんは大切に持っていてその写真をもらった。ばぁちゃんのお兄さんは19歳海軍で海に沈んで帰ってこなかった。その顔が自分の父にそっくりでなんで父の写真を飾ってあるん?と聞くと、私が6歳の時に亡くなった日おじとおばぁは「あれはおばぁのお兄さんだよ」と言ったことを鮮明に憶えている。私の家は大きく池があって錦鯉が泳いでいて、家が三件もあって幼い私はいつも庭のなかで1人で遊んでいた。8月15日なるといつも父に良く似た人の前で黙祷をすることに、隣にいる父をみながら『なんで?』と思っていました。まぁその家は数年前に父が寝たばこで火事にしてしまい愛媛新聞に矢内原学家燃えるとでていると同級生に教えてもらった。その後、更地にしてもう駐車場になっている。その光景をみると、なんだか悲しいけれどこれも時代の選択なんだろうと。なにも生み出さない駐車場と街にひそむという短編にも書いたが、私は駐車場が嫌いだ。もう庭はない。父と母はバリアフリーのお家を建てて元気に暮らしてる。69年という月日で大きく変わる。今もすぐに変わっていくのだろうと思う。ベット脇で戦争は二度と絶対にしないほうがいいとと言ってたじぃちゃんを思いだす。69回目の終戦日。
takeshi173.jpeghiozioba.jpeg
comment (0) @ 未分類

台北ダンスインアジア2014

2014/08/12
2014afloweremifoe.jpg

ダンスインアジア2014in台北はどうにか終了しました。ありがとうございました。日本人ダンサーには台湾の若手振付家にやってもらう予定で日本の急な坂スタジオに来て稽古もしていたのですが、結果うまくいかず、悩みましたね、日本人ダンサーをどうするかを、それだけ時間をついやしてきたわけですから、それで台湾主催のヤオさんと話しいろいろ変更につぐ、変更で、どうにか公演をすることができました。経験がまだ浅い振付家をサポートしてゆくリスクや、金沢のニブロールの公演でもいろいろあって個人の要望に応えてリスクの高いことをしなければならないということはどうなんだろう?とも思うが、それも楽しみのひとつとして考えてゆくようにしたい。まぁ、どうにもならない場合はその人との関係を辞めればいいことなので、簡単なことです。でも、まぁ辞めないで最後までできてよかったです。なんでも、どんな形でも最後までやるってことは大切なことだね、それが完璧な形でなくても、それらを積み上げていつか奇跡的に完璧な形というものがとれるということを理解して取り組んでいきたい。

台北の振付家が一緒に稽古していたダンサーの作品をみようとしないので、『何故みないの?みたほうがいいよ』と言うと観てくれていました。稽古中や公演中も忙しく話す機会がなかったので終わった後、少し彼と話したが悪い人ではなかった。ヤオさんとも彼のことについて話をしたが、おじいさんが日本人と戦って亡くなられて、お父さんが日本人のことを好きじゃないから彼も日本人とやるのが難しかったのかもしれないという話をしていた。でも、ヤオさん的にはそういう人だからこそ日本ダンサーと一緒にやってもらいたかったと言っていた。戦争かぁ、3世代もひきずるのかぁ、私達日本人がアジアで活動する時に確かに多くの責任をとり、その場にいなくてはいけないとも思った。そうして少しづつお互いを理解したい。

他の若い振付家やダンサー達の交流の場を提供したいと考えてとりあえずスタートしたが、初年度は様子見ということと予算があまりに少なく、数人でしか回せない予算状態なので声がかけられないのでしょうがなくoff-Nibrollのa flowerという小作品をやることなった。2011年に創ったこの小作品や、2007年に創ったチョコレートという小作品もず------っと違う国のダンサーが踊ってくれたりしてる。言ってはいけない一言『あきたであります!』を言いたいが、まぁ、いつまでも、どこまでも再演してくれと言われるのはありがたいことなので、撤回しようということに自分でなりました。この後のダンスインアジアin香港は関西のダンサーに踊ってもらうスモールアイランド。楽しみです。

8月の終わりに金沢でのニブロールsee/sawの公演があるのですが、その前にに様々な打ち合わせと、台北の報告会in近畿大学とうをこなして金沢にはいります。よろしくお願いします。ダンサー募集しています。なかなかオーデションなどをしないニブロールですが一緒に活動をしてくれる人(といってもなかなか活動しないのですが)出会えることを期待して新しい関係を試行錯誤しあえるダンサーを募集しています。よろしくです。→ニブロール





comment (0) @ 未分類

夏休みだけど

2014/07/31
夏休み、いやーうれしいですね。横浜トリエンナーレも始まります。周辺企画でいろいろやっていますので気にかけていただければと思います。詳しい情報は→ニブロールホームページ

ダンスインアジアのRAMという学生やチョー若手がやるほうの公演に近畿大学の学生が参加する。詳しいことはこちらから→KINKIUN矢内原ゼミ off-Nibrollはa flowerを台北のダンサーが踊るはずで稽古もすんでいたが、いろいろあって(話すとマジ長いので省略)小山+台北のダンサーが踊り、新宅は靴下100足ダンスをやる。意味がわからないが、これもこれで面白いと思うよ。まぁ、楽しんでこようと思います。飯おごるよ!

そうして、もちろん戯曲も書いてる。朝まで眠らずアイスコーヒーを飲みながら、たぶんほぼ完成してきたが自分で量に驚く、これが本当にできるのか不安ではありますが、どうにか形にしてゆきたいと思います。フェスティバルートーキョー『桜の園』は初演です。演劇です!夏休みだけど、授業がないけど仕事がアホみたいにつまってる。
comment (0) @ 未分類

お疲れ私

2014/07/22
東京クリエーションワークショップこの3日間あんまり作品以外のことは皆さんとお話できなかったのですが打ち上げて少しお話できてよかったです。観客からも続けていくんですよねという声がでていましたが当分なく、続けていき、そのうち5人くらいになると作品ができていいよなぁとも思いますがね。うーん無理です。私では無理なので他の人にお願いするしかないですね、きっと誰かがやってくれることでしょう。でも、みんなが創った作品をみてもらえうようなシステムはかねてから創りたいとは思っています。

2015年1月世田谷トラム3人の出演者(鶴見美穂子、森井淳、小山衣美)と共にスパルタでつくりあげていきたく思います。是非観てほしいです。This is weather news の時も4人の出演者で愛知トリエンナーレと世田谷トラムとその他にもいかせていただきました。とにかく4年1回の世田谷パブリックシアター、トラムでやらしてもらう公演で私達はなにをみせられるのだろうか?ダンサーを通していかに生きるかということを創造的考える時、他人をほめることからやる、もちろんほめると言っても機嫌をとったりするようなことではなく、その人がその人であるという個性を見抜き、その個性を徹底的に尊重することによって、いつしか自分はどう生きればいいのか答えがかえってくるとなにかの本に書いてあった。生と死、どんなタイトルにしてどんな作品にしてゆくか....いろいろな考えが巡った和歌山、名古屋、東京でした。参加してくれたすべての人に感謝。
NibrollCRW1014.jpeg

そうして、すぐさま大学にもどってきて.......まぁ、どうしても事情があってという人もいるのですが、なにも連絡なく稽古を休むのはダメです。稽古なくして本番はないのだよ、諸君。→近畿大学矢内原ゼミのあれこれ
こんなにずっと毎日ダンスや演劇のことをやることを目指していたのかと自分で自分を疑いたくなります。怒らないようにしようとは思っていますが、机を叩いてちょっとだけ怒る。大学なのでかなりおさえてる。たぶん、普段の10%くらいしか怒ってない。でもね、ダメだしをしだしたらきっと1時間はできる。なんでダメなのかをいくらでも説明できる。話が長過ぎて結局なにを言いたいのかわからないと言われても、いくらでもダメだしができるのだ。お願いだから台詞の練習をしてくれ、つまずかないように、かまないように、まちがえないように、個人で練習、個人の練習なしに稽古場に来ないでほしい。
comment (0) @ 未分類