ありがとうございました!

2011/10/11
野毛山動物園では学んだことが多かった。とても良い機会をいただきました。理解してもらいたいという思いはいつもあります。まったく何をやっているのかわからないと言われる中、子供達が「最後まで楽しくみたよ」、その場を立ち去ろうとする親に子供達が「みてるから!」と言ってくれたのが本当にうれしかった。

最後のトークで『理解されるものをしなくてはいけないと思いました』という感想に異様に反応してしまいましたが、音にあわせて楽しく踊っているわけでもなく、ぬいぐるみがでてくるわけでもなく...やはりパブリックの場で理解されるのは難しいのだろうと...ひとつのことだけが正しいのではなく、またそれもひとつの考え方なんだろう。

ただ、やっぱり私はわがままなのだろう。自分の表現だとするならば表現をまげる必要はないように思ってしまう。そこにお金が発生して、クライアントの思うものを創るのとはやっぱり違うように思う。簡単に獲たものは、簡単に手放すことになるから、なにが理解され、なにが理解されないか?ということを考え続けて...ダンス表現が理解されるための努力は続けていきたい。

興味を持ちその場を離れようとしない、子供達がいたことは忘れられない記憶となりました。
観に来て下さった皆様、動物園の人達、急な坂の人達、そうして出演してくれた橋本、竹田、稲継に心より感謝です。お疲れ様でした。明日からはソーセージを取り合わなくていいよ。
2011101001.jpg




comment (0) @ 未分類
いろいろ考えながら次に! | 野毛山動物園パフォーマンス明日で最終日

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する