渋谷イベントは明日で最後

2013/05/25
今日はsee/sawを2回も観に来てくれた人がoff-Nibrollのイベントにも来てくれて、終わってから話かけてくれた。とても、とてもうれしかった。その方のお母さんは癌で亡くなれて、お花がとても好きだったお母さんだから葬儀の時に大好きな花でとにかくいっぱいにしてあげたんだという話を聞いて、私はその方のお母さんには会ったことがないんだけど、話を聞いていて会ったように思いました。

作品を通して観客の記憶に働きかけ、そうして、その話を聞いて新しい出会いと記憶ができ、出会える。という素晴らしい体験ができた。ありがとうございます。

あの時、本当の花を使わないで、造花にしたこととか、松山から始まったクリエーションを自分のなかでひろげてゆきsee/sawにつながっていったことなどを思い出していた。もちろんダンスというのは、様々な条件がつきつけられる。お金のこと、どのダンサーに踊ってもらうべきかということ、もちろん自分の思い通りにならないこともあるが、条件をつきつけれるなかでどのように無条件であるべきか?ということについて考える。

少し、ダンス作品を創ってみようかな?と、ほんの少し心が動いた。次の作品はとにかく無条件でパッと開いてゆくような人達とダンスに向き合いたいと思っている。ほかのダンサーとも少し話しをしたのだが、条件をつきつけてくるような人とは絶対にやりたくない、そんな人がなにかを伝えられるとは思わないから、ダンスの可能性と向き合うことを考えている。新しいダンスの方法を考えている。野毛山動物園でソーセージを取り合ったように、まぁ、とにかく、とりあえず前橋からはじめようと思ってみたりする。これは、また報告しますね。

201352402.jpeg

ソロは4人のダンサーが振付.出演しております。(私じゃないよ)いろいろ大変だと思うけどイベントで踊ってゆくということも大切だから頑張ってもらいたいと思います。是非、皆さん応援してあげて下さい。先週より今週のほうがダンスが身体にはいっていてよかったと思う。

リーディングについては、私が作.演出をしており稽古の時間がとれなく出演している3人は大変な苦労をしていますが、言葉を使いわける演出をどのようにするべきなのか?を課題に始まる前にこういうことだと言ってみたりする。出演するほうからすれば"冗談じゃないよ状態"ですが、それでも集中して、いる風景、いた風景を伝えようとしているし、明日に期待です。

ギャラリーをくるって囲むようにしてたくさんのお客さんが来てくれて感謝です。このイベントも明日で最後なのであります。
comment (0) @ 未分類
ストレスを抱えながら前進 | 大阪について

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する