くやしいねぇ。

2012/01/17
海外に公演で行くのが嫌になって海外の公演フィールドとコンタクトをとらなくなり、レジデンスという形で行かさせていただくことが多くなり、30分くらいの作品を現地で創らせていただく機会恵まれた。もちろんダンサーは向こうで募集するので誰が来るかわからない。最後の展示の時にオープニングで公演するという形だ。昨年の韓国での6ケ月のレジデンスの反省はとにかく他の仕事のために、韓国をでたり、はいったりしなくてはいけなかったことだ。そうして、私の場合エンジンがかかるのが遅いからなかなか決められないということと、反省はつきないが活動をまとめた本が送られてきた。なんだかいいように書かれている感じがする。ありがとう。次に韓国に行く機会があれば、もっときちんと始めから何をするか?しっかりリサーチをして取り組もうと反省する。
k303.jpg


2012年に予定しているのは、中国のスタジオ943に行くことが決定していて、その後シンガポールのギャラリ-INSTINCを予定している、1ケ月くらいは居たいと思っているが...1ケ月だとやれることが限られてくる。そのためにいろいろ準備していかなくてはいけない。新しくダンスでできることを美術のなかにとり入れていきたいと思っているのが正直なところです。

それにしてもシャシャが美術館でダンスをやったんだよと送られてきた一斉BCCメール....なんか建築家の人に頼まれたって(ムカつく)私だってできる。身体と空間のことならシャシャ姉キに負けないように思う今日このごろ。(言えないけど)私もはやく『これ、どうよ!』というくらいの空間の所でやってユーチューブにUPして送り返してやりたい。くっそう、ユーロなんて97円のくせにとは言えない(怖いから)ワンダフォーとメールを送り返したが、最後に私も今年の夏にやるんだと小さく付け加える(悔しいから)これは、久々の悔しさです。身体と美術の関係をクリアーにそうして、その空間にある身体を撮影することを、もっと考えてゆきたい。たぶん、横浜で夜中に壁を叩いて悔しがるのは私だけでしょうか?悔しすぎる。多くの振付家がカンパニーとしての形態、劇場でやる形態を飛び越えたいと思っている訳だけと、国の違いだけでは攻められない。日本にだって素晴らしい建物はたくさんあるんだ。そこに働きかけるのが遅かった自分に腹が立つ。なにが、なんでも、ダンサー達と共にやってやると心に決意。壁を叩きながら決意。これに負けない、越える作品を横浜で創るよ。
comment (0) @ 未分類
幸福オンthe道路ホームページUP! | 設営終了!月曜日から一般公開です。

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する