審査で怒る

2019/02/13
大学の先生などをやってるせいで色々な所から審査をたのまれ、先生達でもちまわります。児童劇の審査で思ったことは、子供に必要な作品というのは別に母親が思う子供のことを作品にしなくても人間を考えるべきかと思う。小学6年生までに国語の先生だった祖母に買ってもらった本コーナーを見返してもやっぱ人間のことを書いてる。(中学の頃は漫画と宝島ばかり読んでいた。アニ研にいたから)
DzIyic0UwAAbuyi.jpg

「子育が大変ねー」なんてマジ知らねーし、書くなら子供がいない人が読んでもなるほどと思うくらいに面白く書いて劇にしてもらいたいし、子供を持ちたくても持てない人のことまで考えてやれと、親であるということはもっともっと社会全体のことを考える人になるのだと思っていたし、そうあるべきではないかと総評を私は言いました。

子どもの表現力やコミュニケーション能力、探究心、考える力などを養うのを目的にアーティストが教育に関わってんじゃねーのとも言いました。

「なるほどね」って教育機関のトップや政治家がなんなんだよとは言ってはいませんが、普通に少し考えればわかるだろう、宮沢賢治は決して子育て大変ねーなんて書いてないぞ!児童劇に未来がなくなる。そんな子育て大変ねー母親って大変なのよーみたいなことはカフェかもしくは居間でやれ、そうして、100万回生きた猫から読みなおしてみてくださいとは言ってないですが、ずっとそう考えていましたので言いそうになりました。

審査会で怒りすぎて奈良から大阪に、明日から入試です。みなさん気をつけていらしてください。

だいたい、ダンスとかでも子供向けワークショップや発表会などなどありますが、子育て大変ねーみたいなダンスなんてないよ。シマ次郎にだってドーモくんにさえ私はスパルタだよ。3歳にもはっきりテンポが違うだろうと怒りながら言います。なんだそれなのに、劇になると子育て大変ねーみたいなことになるんだ。みんな生きてるの大変なんんだよ。ダンススクールに通う主婦にさえ、ある程度スパルタで、私なんて、親子ともどもちょースパルタで発表会やりますよ。それでも、主婦、子供さんでもやりきった時はみんな日常を忘れてとても楽しそうです。そうやって色々なしがらみから離れて生きる意味を確かめることやってもいいでしょう。
comment (0) @ 未分類

芸劇ダンスシリーズ、ニブロール、悲劇のヒロイン

2019/02/11
無事に終わりました。ご来場いただき本当にありがとうございました。1回200席なかなか大変でしたね、少ない時でも150名を超える方々が来ていただきありがとうございました。沢山の友達、近畿大学在学生、卒業生にも久々に会え、元気な姿をみれるだけで嬉しかったのに、差し入れまで本当にありがとう。1000人ちかいご来場に心より感謝。ありがとう21年間。
Dy-lWx7U8AA-JGl.jpgDzB6i5PUUAI-0cD.jpgDzB8toMVAAENItn.jpgDzDXlxvU8AA3YHd.jpgDy95xsoU8AAX2h3.jpg

comment (0) @ 未分類