書き始めるのと同時に振付も始まる。

2014/12/07
たぶん演出や振付するよりはるかに私にとっては書く作業はしんどい。

なにかを書く時にfacebookなんてみない。みんなが友達や子供と楽しくどこそこに行ったや、ご飯がおいしかった楽しいなどと書いてあるとと途端にそこに行きたくなるし、人の幸福をみてもちっとも楽しくない。苦しい稽古や宣伝などならいいが、本当の幸せ(リア充)をみせられてもイライラしてするだけの、ちっぽけな人間なんだと自分で自分のことを恨んだりする。なので、いつも本に逃げる。

でも、関係ありそうな物語的なものを読むとまったく同じものを書いたりするので読まない。なので、だいたい対談か批評などを読むわけです。

対談本の楽しい所は、時々人がけなされていて、そうなると途端に楽しい。わぁーなんでこの人はこの人のこの考え方に批判的なのか、今は司馬遼太郎対談集『日本人を考える』を読んでいる。日本人がなんなのか?ということに考えると柳田国夫のことも好きなのですが今はこれを読んでいる。

『日本人を考える』の対談のなかに「100キロほど向こうに東ドイツがある。そういうストレスにいまだかつて解放されたことがないと西ドイツの人が言っていた」というくだりがある。この対談がおこなわれたのは昭和45年2月だ。今はそのストレスはなくなっている。今この手にある本より時間がたち、そのことが解決したのだと思うと.....今あるこの時から過去にむかって叫びたくなる。『昭和45年の西ドイツの人たちーもう壁は崩されたよ』

エドワードサイードの言い残した言葉のように、今は解決しなくてもいずれは解決するだろうという根拠なき希望を抱くことができる。そうして、壁はくずれたんだ!という根拠なき希望を抱いて、もう今日は寝ることにします。

疲れました。いつか、休みはやってくるという根拠なき希望を抱いて私はもう寝ることにします。ごめんなさい。なにも進まなくてごめんなさい。

毎日が忙しく、本当にニブロールの『リアルリアルティ』などできるのでしょうか?関西でも稽古は続きます。
ニブロール



comment (0) @ 未分類

合同舞踊、無事に終了しました。

2014/12/01
第2回合同舞踊公演『それより僕と踊りませんか?』初日あけました。演劇には演劇実習があって、なんでダンスには実習がないのか?という疑問を選考会議で話しあい先生方にやるべきだと言っていただき、1回目の『ケレレ』を非常勤の先生に手伝っていただきながらなんとかやることができました。が、しかし、その後、色々あって実習は専任でやれということで、確かに演劇実習は専任の先生がやっています。今年からなくすか、専任でやるか話しあった結果、やっぱり合同舞踊実習は学生のためにやるべきだということで、色々なプランを考えやることとなりました。F/Tとかさなり、卒業舞踊とかさなり、少し手直しをするだけ後期は1回生以外の創作クラスは楽勝だなぁと思っていました。(ちがってました)それでも、みながそれぞれで創作したものを、ちがう、おかしい、変更、ダメ、良い、面白い、と意見しながら皆のダンスと向き合いながら2週間がすぎましたが公演ができ本当によかったです。

今はまだ、踊れる、踊れないに関係なく、踊りたい気持ちがあるか?どうか?ということだと思うのです。授業(稽古)にでていなければ一緒にこの風景はみれないし、稽古をしなければやっぱり公演はできない。私はテクニックによって人をみないです。ただ、やる気があるか?ないか?だけです。1回生も初めて踊った人、演技をした人は沢山いますが、まじめにコツコツとやった人、あきらめなかった人、挑戦した人はやっぱり成長していると感じるし、嫌になることもあったと思いますが、演技もダンスもよくやってくれました。確かに学生生活は、色々やることがあって大変ですが、やる気のない人にひっぱられたり、途中であきらめたりしないでもらいたいと思います。踊り、台詞を憶える、ま違えない、稽古、リハーサルを日々かさねる、失敗しない、稽古でできないことは本番でもできない、周りから人をサポートしたり、されたり、という基本中の基本を1回生のうちにわかっていただきたく思います。事務所でも専門学校でも養成所でも短大でも普通は1年か2年で基本中の基本を教えて社会にはなたれます。ただ大学はもう少し丁寧にやりますが、やる気のない人までももちあげることは、私にはできません、そんな人に関わりたくもありません。関わり方だって色々あるし、そんなの自由です。高校とちがって大学だから強制なんてないです。ただ、大学という所は少しでもやる気があればそれは別です。

社会にでればやる気はあっても仕事がないという状況は多々ありますからね。

私自身はできるできないに関係なくやる気があるだけで関わっていきたい人です。今回ははじめて本番前の1回ゲネに全員がそろいました。昨年はそろわなかったのでまぁよしとしましょう。来年からは本番前の通しには2回ゲネには全員がそろうような環境を目指していきたいと思います。皆の意識が高くなっていくことを目指して、ゆくゆくは有名な人を俳優でもダンサーでも戯曲作家でもだしていきたいと思う今日このごろです。

自分の研究(舞台活動)とどう両立していけばいいのかは悩むところです。色々な仕事を調整しながら(断り)ながら、それでも大きな仕事だけは断れないし、研究活動(舞台活動)も続けていかないと、学生達に還元していけるものが私には"ない"と思うのです。もう少し時間があれば、大きなプロジェクトを大学にも理解していただき、将来的にやっていければと思うのです。卒業舞踊公演と合同舞踊公演は死にますねー、反省は色々ありますが、大きな反省は、卒業舞踊と重なり生駒舞踊などの企画がチェックしきれず創作の授業をとってない人が企画をだしただけで創作できたりするようなシステムは変えていきます。クレームもチラチラと聞き、確かに不公平だと、作品を創作し発表する機会を生駒舞踊、合同舞踊はきちんとしていかないと近畿大学という枠のなかでやっているので、つみかさねた時間によって評価を決めていきたく思います。ミスだと反省してます。外で自由にやれるので特に大学にいる必要もない人は辞めて外でやったほうがいいね、応援してる。来年は阪本先生です!ヤッター♡→矢内原ゼミ
20141201001.jpg

comment (0) @ 未分類