夏休みだけど

2014/07/31
夏休み、いやーうれしいですね。横浜トリエンナーレも始まります。周辺企画でいろいろやっていますので気にかけていただければと思います。詳しい情報は→ニブロールホームページ

ダンスインアジアのRAMという学生やチョー若手がやるほうの公演に近畿大学の学生が参加する。詳しいことはこちらから→KINKIUN矢内原ゼミ off-Nibrollはa flowerを台北のダンサーが踊るはずで稽古もすんでいたが、いろいろあって(話すとマジ長いので省略)小山+台北のダンサーが踊り、新宅は靴下100足ダンスをやる。意味がわからないが、これもこれで面白いと思うよ。まぁ、楽しんでこようと思います。飯おごるよ!

そうして、もちろん戯曲も書いてる。朝まで眠らずアイスコーヒーを飲みながら、たぶんほぼ完成してきたが自分で量に驚く、これが本当にできるのか不安ではありますが、どうにか形にしてゆきたいと思います。フェスティバルートーキョー『桜の園』は初演です。演劇です!夏休みだけど、授業がないけど仕事がアホみたいにつまってる。
comment (0) @ 未分類

お疲れ私

2014/07/22
東京クリエーションワークショップこの3日間あんまり作品以外のことは皆さんとお話できなかったのですが打ち上げて少しお話できてよかったです。観客からも続けていくんですよねという声がでていましたが当分なく、続けていき、そのうち5人くらいになると作品ができていいよなぁとも思いますがね。うーん無理です。私では無理なので他の人にお願いするしかないですね、きっと誰かがやってくれることでしょう。でも、みんなが創った作品をみてもらえうようなシステムはかねてから創りたいとは思っています。

2015年1月世田谷トラム3人の出演者(鶴見美穂子、森井淳、小山衣美)と共にスパルタでつくりあげていきたく思います。是非観てほしいです。This is weather news の時も4人の出演者で愛知トリエンナーレと世田谷トラムとその他にもいかせていただきました。とにかく4年1回の世田谷パブリックシアター、トラムでやらしてもらう公演で私達はなにをみせられるのだろうか?ダンサーを通していかに生きるかということを創造的考える時、他人をほめることからやる、もちろんほめると言っても機嫌をとったりするようなことではなく、その人がその人であるという個性を見抜き、その個性を徹底的に尊重することによって、いつしか自分はどう生きればいいのか答えがかえってくるとなにかの本に書いてあった。生と死、どんなタイトルにしてどんな作品にしてゆくか....いろいろな考えが巡った和歌山、名古屋、東京でした。参加してくれたすべての人に感謝。
NibrollCRW1014.jpeg

そうして、すぐさま大学にもどってきて.......まぁ、どうしても事情があってという人もいるのですが、なにも連絡なく稽古を休むのはダメです。稽古なくして本番はないのだよ、諸君。→近畿大学矢内原ゼミのあれこれ
こんなにずっと毎日ダンスや演劇のことをやることを目指していたのかと自分で自分を疑いたくなります。怒らないようにしようとは思っていますが、机を叩いてちょっとだけ怒る。大学なのでかなりおさえてる。たぶん、普段の10%くらいしか怒ってない。でもね、ダメだしをしだしたらきっと1時間はできる。なんでダメなのかをいくらでも説明できる。話が長過ぎて結局なにを言いたいのかわからないと言われても、いくらでもダメだしができるのだ。お願いだから台詞の練習をしてくれ、つまずかないように、かまないように、まちがえないように、個人で練習、個人の練習なしに稽古場に来ないでほしい。
comment (0) @ 未分類

ゼミについて

2014/07/15
小林秀雄の学生との対話という本を読む。明治大学で教壇を10年あまりとっていた。やっぱり小林秀雄氏は素晴らしいなと思う。矢内原ゼミのあれこれは、あんまり書いてないけどこちらからみれます。→矢内原ゼミ
私は確実に大学にはむかいない、お願いだからどうにか個人個人が個人の力で個人的に立派になって、それなりに生きる道をみつけてもらいたい。どうか近畿大学劇専から有名人がでますようにと思います。でなくても、伸び伸びまっすぐと育ってもらいたい。私では無理ですが、色々な先生に教わってほしいです。

さよなら1回生、前期でもう1回生に会う事もないだろうと思って後期の授業をみると『1回生戯曲!?』驚きすぎて吐きそうになる。マジか!こんな授業があったのか?そうか.....いつのまに戯曲の授業(涙)戯曲なんて書くしかない。ただ、書くだけです。ただ、それだけです。私だって泣きながら今も書いてる。あぁ8月にはこの調子だとまにあわないでしょう。この前の打ち合わせでとあるプロダクションの社長さんから「わかりやすい演劇を書いてもらえませんか、そうすればいいのに」「できればそのような大きな劇も書いてみたいと思っています」と答える。私はなんだっておそい、なにもかもおくれてて、滞納して、それでもできないのが私なのです。ごめんなさい。
楽しい事はなにひとつない、かげりもない。移動につぐ移動で、締め切りにおくれて、会議もおくれて、稽古の調整がつかなく、学生達は台詞をかみまくる。楽しいことはなにもないのです。だいたいが楽しそうにしている人をみつけたら呪いをかける。今日マレフィセントが呪いをかけたことに後悔するシーンは意味不明だった。私だったらもっと呪いをかけまわるよ。あいつもこいつもみんなに呪いをかけたおして、呪いだらけにする。まちがいないね。




comment (0) @ 未分類

名古屋が終わる

2014/07/07
ニブロールとしては初めておこなうクリエーションワークショップはいろいろな出会いがありとても面白いし、もちろんここの場だけでは終わらないなにかにつなげていきたいと思っている。名古屋ではとにかく家具をおしていただいた。本当にお疲れ様でした。でも、最後に家具がいっきにおされるシーンは、やっぱりこれは新作ではやりたいなぁと、想像していたものが表現として皆の力で表れるのはやっぱり楽しい瞬間でした。ありがとう。
20147jpeg.jpeg

そうして大学にもどってきて休む人がいて困るということだ。なんていうレベルなんだろう。疑問に思うことは多々、他にもありますが、これが現実ですかぁ、やっぱり、現場ではいつもできる人に囲まれているんだと思う今日このごろです。
comment (0) @ 未分類

7月

2014/07/02
矢内原ゼミ(卒業舞踊)和歌山での合宿は無事に終了し、それぞれに成長して帰ってきたと思うのでしばらく4回生は自分達で積み重ねるであろうから2週間くらいほっておこうと思う。もしも、なにも積み上げてなければ7月中旬から恐ろしいことになるので、コツコツやってくれるでしょう。

今週は愛知でのニブロールクリエーションワークショップがあります。定員に達して締め切りました。40名ちかい参加者です。ありがとう。和歌山のワークショップで積み上げたものはとても面白く、ソロのベースをみんなでつくりました。この振りを発展させてみせれるものにしていきたい。写真はかなり面白いが本物もかなり面白い。テニスじゃなくてバトミントンをやってるよ。
2014070231.png
愛知の皆さんとも楽しい発展のあるクリエーションワークショップにしたい。
その後、東京が7月18日〜20日とあります。ニブロール情報はこちらから






comment (0) @ 未分類