準備する

2014/05/20
しばらく大学をあけていてせいで、久々にみんなに会うのと驚くほど台詞がはいってない状態の1年生練習用の戯曲は終わらせて、6月、7月は授業のなかでも小作品的なものを創っていかなくては後期が大変なことになるなぁとぼんやり考えている。

そうして、ずっとみれていなかった4回生の進行状況をyoutubeでチェックする。ちょっと進行状況が気になってくる7月くらいまではゆとりを持っておこないたいと見守るつもりですが...まだまだ時間はありますが、もしかしたらそうも言ってられないかもしれないと映像をみながら思ってみたりもする。卒業舞踊『初々』のブログはこちらから23期卒業舞踊
23kinnkiuiui.jpeg

5月31日の哲学の夕べのイベント→イベント案内
2014531tetugaku.jpeg

★こちらの本番にむけて急な坂スタジオで稽古をしておりますが、5月23日19時からその稽古がみれますというか通してみようと思います。→急な坂スタジオまったく定員には達してないので自由に来て下さい。嘘です。もう定員にたっしていて追加参加はうけられないそうです。申し訳ありません。また次回に!

そうして、11月フェスティバルトーキョーにむけて戯曲を書き始める。どうすればいいのか.....フローラルガーデンでおこなったものよりはるかにバージョンUPしたもので、演劇の形からは大きくはみだしたい。戯曲、8月にはわたせるかな....個人的にはまにあわなかったということのないように準備をしたい。外から中に、反対運動、都市開発、石をなげる、たえる、取っ組み合い、複雑にからむ過去と未来、前半は戯曲を書いているだけで頭が混乱してくる。
gikyoku-wo-motte_sakura.jpg




comment (0) @ 未分類

国際会議

2014/05/17
TPAMや国際交流基金から参加させていただき、オーストラリアメルボルンでひらかれたIETMの国際会議にてプレゼンやミーティングに参加してきました。制作者や政府文化関係の人が多く、アーティストはそれに比べるとあまりいませんでしたがそれでも多くのことを話ができて、どのように考えているかも含めておもしろかったですし、沢山のパフォーマンスショーケースも観れておもしろかったです。TPAMの皆様、丸岡さん、大平さん、篠田さんありがとうございました。
201405IETM01.jpg





comment (0) @ 未分類