アーツ前橋!次にむけて始動

2013/05/30
アーツ前橋にむけて!次にむけてようやく動き始めております。なにもかも遅いスタートで関係者各位の人々にご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません。前橋サポートチームを結成して、素敵な時計をつくるなり、と、関係してないとなにを言っているのかわけがわからないかもしれませんが、そうなんです。楽しみにしていて下さい!

ニブロールのダンサーからもスケジュールがあえば一人つけれていって、踊る仲間達から刺激をもらうといいなぁとは思いますが、スケジュールでどうなるか?まだわからないのです(まぁスケジュールはしょうがないよ)なんで、ワークショップ形式にして出演者をつのる可能性もまだ残っており、その時は募集しますので興味のある人は是非いらして下さい!お待ちしております!

とにかく、パフォーマンスは、前橋の皆さんと話あって決めていきたいと思っています。






comment (0) @ 未分類

ストレスを抱えながら前進

2013/05/28
なかなかいろんなことが進まないけれど、とにかく自分が書く時間もみつけて、今年は取り組まなくてはいけない。

詳しくここに書く訳にはいかないが、とにかくいろいろストレスがたまる。大人なのでこらえる。どうすればいいかなぁと考えるが、もちろん答えはできないので、結果”気にしない”という答え。

振付や構成を共に考えてゆくには時間がかかる。しかもダンスの場合は、どんな作品をつくるかによってだが、このフレーズが面白いか?面白くないか?なんて、やってみて、やってみて、それでも後にならないとわからないのです。

私は教育という言葉が苦手だ。教えることなどなにもないと思うからだ。ただ一緒にその過酷な作業を見守る必要はあると思っているくらいだ。だから、これがダメとか、あれがダメとかいうのはない。方法論として、同じモダンダンス的、テクニック的、ユニゾンを憶えてそれを個人の動きにしてゆくことは、コンポジションのクラスで何度もやらされた。そうしてUSAではいつも怒られた。なんで、そんなへんな動きになるの?と....何故だろう?おかしいと思うのか?謎でしたので、きっと日本人だからだ。差別をうけてるとずっと思っていました(笑)

人によって面白いと思える価値観は別々なので、これが絶対に正解だということなどないのです。それでも、なんとなく皆、これは面白い、面白くないと感じたりする。なにが、どんなふうに変化してゆくかはその人次第なのです。それに、自分が20年以上前に考えて、考えて、作品を創りだしていた方法論を今はやっているのです。それが古いとは思えない、当時誰もやっていなかった振付の方法の一つだったのではないかと思っている。今はいろんな人が当たり前みたいにやっているけど、本当に誰も、誰もやっていなかった。

ゴミのようなフレーズ、動きを集めて、今までにみたことないようなフレーズやダンスを展開させる。それは胸が使えていようが、足が使えていようが、関係ない、ただ指先が動くだけでもいいのだ。それが、その人の個性だから、だからこそ誰にでも踊れて、表現になるのだ。

私達が持ち得ない、特別の身体ではないからこそ、じゃなにができるのかと考えて、考えて、構築したやり方なのだ。

もちろんこれは個人的な方法論なので、ダンスをやってきた人からみたら特殊なのだと思う。それでも、今ここでこれをやらないと、私はなにをしに来たのかわからないのです。

作品を創るというのは過酷で、プレッシャーがかかる。これでいいのか?本当に面白いのか?批評などでもたたかれたり、ほめられたり、客が来たり、来なくなったりと、自分自身が現場にいていつも思ってきたことだ。

アイドルだって必死に客を集めているこの時代ですが、チケットバックがあってもチケットを1枚、2枚しか売らないダンサーなんてたくさんいるコンテンポラリーダンスの世界であります。まぁ、アイドルが事務所にチケット売って下さい!と言っているようなものなので、もうその時点で終わっている。マネジャーに嫌われて関係が築けなくて消えていく。そんなものです。言うんじゃなくて、自分の努力している姿をみて理解してもらい、じゃ頑張って売るよって言ってもらうべきなんですよ、はい。それが無理な人は、どちらにしても応援してもらえないので、ほっておいたら消えていきます。そんな状況をたくさん観てきましたので間違いがないと思います。

まぁ、それでもいいかぁとも思ったりする時もあります。

だって、ダンスは岡本太郎にいわすと『人の目を気にするなんて芸術じゃない、卑しいものだ』と言われるだろうな?と、それでも、ダンスを考え続けるひとつの理由としては、新しい動きを探し続る、もっと、もっと、別の方法を探してみたいとも思ってみたりするのです。

もしかしたら、今持っている感覚はもう古いものかもしれないといつも疑ってかかる。実際、私は20年以上もダンスを続けてきてきている古い人なので、それがダメとはどんなことがあっても言えない。ただ、自分には面白くないことかもね、かもしれない、とぐらいは言わなくてはいけないとは思いますが....

comment (0) @ 未分類

渋谷イベントは明日で最後

2013/05/25
今日はsee/sawを2回も観に来てくれた人がoff-Nibrollのイベントにも来てくれて、終わってから話かけてくれた。とても、とてもうれしかった。その方のお母さんは癌で亡くなれて、お花がとても好きだったお母さんだから葬儀の時に大好きな花でとにかくいっぱいにしてあげたんだという話を聞いて、私はその方のお母さんには会ったことがないんだけど、話を聞いていて会ったように思いました。

作品を通して観客の記憶に働きかけ、そうして、その話を聞いて新しい出会いと記憶ができ、出会える。という素晴らしい体験ができた。ありがとうございます。

あの時、本当の花を使わないで、造花にしたこととか、松山から始まったクリエーションを自分のなかでひろげてゆきsee/sawにつながっていったことなどを思い出していた。もちろんダンスというのは、様々な条件がつきつけられる。お金のこと、どのダンサーに踊ってもらうべきかということ、もちろん自分の思い通りにならないこともあるが、条件をつきつけれるなかでどのように無条件であるべきか?ということについて考える。

少し、ダンス作品を創ってみようかな?と、ほんの少し心が動いた。次の作品はとにかく無条件でパッと開いてゆくような人達とダンスに向き合いたいと思っている。ほかのダンサーとも少し話しをしたのだが、条件をつきつけてくるような人とは絶対にやりたくない、そんな人がなにかを伝えられるとは思わないから、ダンスの可能性と向き合うことを考えている。新しいダンスの方法を考えている。野毛山動物園でソーセージを取り合ったように、まぁ、とにかく、とりあえず前橋からはじめようと思ってみたりする。これは、また報告しますね。

201352402.jpeg

ソロは4人のダンサーが振付.出演しております。(私じゃないよ)いろいろ大変だと思うけどイベントで踊ってゆくということも大切だから頑張ってもらいたいと思います。是非、皆さん応援してあげて下さい。先週より今週のほうがダンスが身体にはいっていてよかったと思う。

リーディングについては、私が作.演出をしており稽古の時間がとれなく出演している3人は大変な苦労をしていますが、言葉を使いわける演出をどのようにするべきなのか?を課題に始まる前にこういうことだと言ってみたりする。出演するほうからすれば"冗談じゃないよ状態"ですが、それでも集中して、いる風景、いた風景を伝えようとしているし、明日に期待です。

ギャラリーをくるって囲むようにしてたくさんのお客さんが来てくれて感謝です。このイベントも明日で最後なのであります。
comment (0) @ 未分類

大阪について

2013/05/22
最近よく言われることは『なんで!また関西の大学で教えているの?』と、何故かというと大袈裟に言うと日本のコンテンポラリーダンスをどうにかしたいから....他の振付家の人でも、勅使河原さんや木佐貫さん、伊藤キムさん、みさこさん、山田節子さん、岩下さん、伊藤ちえさん、近藤さん、岩渕多喜子さん、井出さん、小野寺さんと大学で教えている人は多いのであります。みんな大袈裟にいうと、コンテンポラリーダンスは面白いよということを伝えたいんだ思っている。演劇ではもっと多くの演出家や戯曲作家がいろんな大学で教えている。ダンスはようやく少しづつ振付家が大学で教えるようになってきたのではないかと思っているが、まだまだ少ない。

確かに、大学で教えるとなると、仕事は大変なことになる。振付の場合はどうしても現場での仕事が多く、今年は本当にいろいろ断ったりしながらも、これはできるかな?どうかな?時間を盗んでできるかな?というピンポイントで仕事をいれることになって大変だけど、それでも、学生達がわざわざ借金までして東京の大学に行かなくても良いカリキュラム構成に近畿大学はなっていると思う。(先生が移動すればいいのだと、でも病気になって死んでしまう可能性もあるので、ここは考えなくてはいけないと思いますが)なにをどうみんなに伝えればみんなが考えて作品と向きあっていってくれるかな?を数年は考えてみようと思う。

もうすぐしたら、今年関西でやることも報告できると思います。たぶん、オーデションをして短いダンス作品をある劇場とやろうかとも思っています。いろいろな人が大阪から去るだけあって、大阪という場所は同じ関西の京都や神戸よりも、東京よりも難しい場所ではあるなぁとは思いますが....


comment (0) @ 未分類

ブログとモブ宣伝

2013/05/22
近畿大学22期の卒業舞踊ブログです。12月5〜8日近大会館であります。担当の碓井先生の言葉を受け止めて4年生がやりきって卒業してゆく大事な公演なので、是非、関西にいる人は観てあげて下さい。そうして、オープンキャンパスでもモブをやるようです。是非、舞台芸術学科の1年〜3年は参加して楽しんでほしいです。

comment (0) @ 未分類

今日から展示、そうして週末!

2013/05/15
off-Nibrollはスノーコンテンポラリーに所属にしていまして、メイン.アーティスト.ビジュアルディレクター高橋とスノーの石水さんが展示を!お疲れ様です。東京にいなくて本当にすいません。写真でみるととてもいい感じです。機会をくれた四方さんに感謝です!今日から展示は渋谷の街で展開してるので、ワンドリンクつき500円なので、是非打ち合わせや休憩などに使用して、ついでに展示もみる!みたいな気軽な感じでよっていただけると幸いです。よろしくお願いします!
2013051501
●渋谷文化村の横にポスターでてますので気軽によって下さい。
●岡山の大原美術館でもoff-Nibrollが大原コンテンポラリーに参加していますので、倉敷.岡山に行く人、ちかくの人はそちらの展示も!岡山で滞在制作した作品が大御所達にはさまれて展示されてます。

パフォーマンスイベントはおかげさまで18日、25日は売り切れました。ありがとうございます。お客さんの安全をはかるために当日はでないようです。24日(金)はまだ若干ありますので、はやめにご予約いただければと思います。予約はこちらから→ニブロールよろしくお願いします。

17日は予約はいりません。パフォーマンスはありませんが、千駄木ダンスの人達と一緒に踊ったりするオープニングイベントがあります。自由に出入りしていただきオープニングを楽しんでいただければと思います。千駄木ダンスの人達が振付けてくれた踊りをみんなでします。もちろんながめているだけでもOKです。当日ustしますね。マッキーとぐっさんの振付素敵PVです。


そうして、木下くん小川さんも遊びにいっていって、マッキー、ミズ、ぐっさん(千駄木ダンス)と一緒に踊ってくれたようです!いいね。踊る前のアップが腕を伸ばすという役者達全員に共有する(そんなんではアップにはならないよ?)を木下くんがしてますね(笑)工事の音がうるさいとこがまたおもしろいです。17日に皆で踊って楽しくオープニングを迎えられたらと思います。
comment (0) @ 未分類

近畿大学の近頃

2013/05/13
今年から近畿大学でダンスや演劇を教えてみたりしていますが、特に私がなにかを教えることもなく、皆は真面目に取り組んでくれていると感じています。それを前期は形にしてゆきたく、後期には作品になるようにしたいと思います。

月曜日はダンスの日です。
3年生はソロに取り組んでいます。これはたくさんの動きを憶えて、それを構築してフレーズにまで発展させます。膨大な時間と努力が必要です。皆が考え出した小さな、小さな動きを永遠にちかい形で構築していくので、身体が憶えるのも大変ですが、その後、どう踊るか?という問題をつきつけられ、最終的には人と比べられ、時間の蓄積をしてない人は踊っていれば一瞬でわかるという過酷な現実をつきつけられます。

2年生はデュオに取り組んでいます。動きを人と人との関係によって空間と時間を考えて創りだすことをやっています。これは構成を考え、どうやって人と人を出会わせればば面白くなるか、時間、空間、人をどう動かし、又、自分がどう動くかを考え続けます。人と人とがどう向き合うべきなのか?を考え続けていかなくてはいけないし、なにが自分が面白いと思うか?を他人に提示しなくてはいけないので思考し続ける努力が必要です。思考し考え続けないとアイデアはでてこないし、面白いものもできないという現実をつきつけられます。

みんなと会うのは週に1回だけなので、来週までに宿題をだしました。動きを忘れない、憶えること、どのように構成を変えてゆくかを考えるということです。これには努力が必要です。みんながやってくるのを期待します。

今日みんなとやりながらずっと考えていました。ダンスを創るということは考え続けるということなのだと...ひとつのテーマから新しい動きをうみだすことに絶望的になる瞬間が私自身にはあるが、小さなチリのような動きやアイデアを膨大に集めてゆけば、まだまだ新しいダンスができるのではないかと思えたことは、私にとっては驚きでした。

聞く努力、伝える努力、持続し続ける努力というキツイ3ケ条をつきつけられる過酷なクラスですが、で、勝手に私なりに少しづつみえてきました。即興から一歩前進して動きの構築と構成をソロとデュオでやりきろうと、そう、皆を信じて、自分を信じてやりきろうと思いましたので、皆がそれぞれに思考し、努力すると願うばかりです。



comment (0) @ 未分類

5月17日から、来週から始まるよin 渋谷

2013/05/09
0ff-Nibroll展示始まるよ。詳細はこちら→ニブロール 予約制ではなかったのですが、イベント問い合わせの電話がたくさんくるので予約制にしたそうです。来週、渋谷とおるよって人はメールか電話ではやめにご予約下さい。

☆狭いギャラリーですので、パフォーマンスの時はやばいらしいので、早めに、早めにご予約下さい。ホームページの一番下に電話、メールがのっております。studio@nibroll.comにメールくれても大丈夫です。もしくは、知り合いの人がいましたらダンサー達や役者達に予約してもらっても大丈夫です。よろしくお願いします。

5月17日がオープニングパーティーで千駄木ダンスの人と楽しくみんなで踊り、18日.24日.25日@19:00〜渋谷のギャラリーでニブロールに関係するダンサー達がソロを振付踊り、

私は街の展示にちなんだリーディングを作.演出します。

リーディング稽古の様子。
なにもかもが違う3人です。ちがいがありすぎておもしろいのではないかと、私は思ってみたりしていますが、稽古がとにかく少なく、かんだりしないか、本当にこれで、おどおどしないでできるのか?心配でなりませんが、3人それぞれがうまく『街にひそむ』ことを期待します。

2013050601.jpeg

comment (0) @ 未分類

稽古ができない

2013/05/08
ニブロールに関わる東京のダンサー達がソロを創ってくれております。いや、みせてもらったが、創るというのは難しい。5分でも何度も、何度もつくりかえる必要があるし、考え続けないといけないし、誰かを説得させるためには、やっぱり、なんか?いろいろ、もっと、もっといるように感じる。ついつい、自分だったらこうするなぁと思うが、言うのをやめる。皆がそれぞれに考えて次の稽古までにどうにかしてくるだろう。

朗読は、一度言葉にしてもらうと、本はどんどん進む。三人のイメージと街、とにかくかまないで、台詞を一度で伝えることと、同じ人が言うのではなく違う存在がはいるということにに全力で取り組んでもらいたい。

もう、本番前まで稽古ができない。

そりゃ自主練はするでしょうが、私はみんなと一緒に稽古ができない。なんてことだ!!!
心配で胃が痛い。一日前に激怒したらごめんね。

よーし、こうなったら関西ニブロールつくろう、関西でニブロールのダンス公演をするのであります!って今年はスケジュール的に無理かもしれませんが....でもなぁ、やってみないと....どんな?ダンサーが関西にいるのかわからないので、少し、やれる方法を考えてみます。

東京や横浜だといろいろ劇場とか稽古とかなにも困ってなかったというか恵まれた環境だったのだと思う、関西でもやれる所はたくさんあるけど私はまだなにもわかってない。関西でもいくつか声をかけていただき実現してゆけるか?どうか?という所ではありますが....まだなにもわかってない。







comment (0) @ 未分類

イベントin渋谷

2013/05/05
イベントを渋谷でやるよ、皆さん是非遊びに来て下さい。
postersample.jpg
comment (0) @ 未分類

疲れた。コッー。

2013/05/01
今日は台本もかけてないのに某スポーツメーカーの振付でした。いつもの東京での生活にもどったような日でしたが、大学の会議には出席できなかった。欠席届けをどのようにだすかもまだわからない。

昔からなんでも完璧にこなすことができない私ですが、土地がちがうとそれなりにいろいろ大変であります。授業だけをこなしているだけではダメなのでありますね。もちろん、社会人になって1ヶ月の人達もそうでしょう。私も同じです。(なにが同じかまったくわからない文章ですが、完璧にはできないよねってことです。完璧にできない仲間意識を強めると、ちょっとだけ平気になりますから、はい仲間意識)週に何度も大阪ー東京を通うお笑い芸人やキャスターやマネージャーを尊敬します。私には到底無理なように思える。しかし、大学の仕事だけをしているアーティストなどいないので、自分自身の活動とどのように向き合っていくかも考えないといけないとも思ったりします。とりあえず、5月6日までは、稽古、振付、打ち合わせと、東京におります。

いいことあるかな?私。夜中の電車にゆられると"草原の旅"と書かれていました。
『草原に行きたい!』

とりあえず、録画しておいたスターウォーズ(エピソード3)を猫とカレーを夜中に食べながらみてみます。やはり、古いほうが私はよくできてると1.2をみて思ってみたりしました。何故?ダースベーダーになったのがこれでわかるということらしいので、みてみます。重大な出来事だったのでしょう?ジェダイがシスにおちるわけですから...コッーと言い始めるのでしょうか?コッーって面白い、真似できる。かなりにてる。

夜中に1人でコッーとやると、猫がものすごくびっくりしてキョロキョロしてます。響きマスね。コッーって
comment (0) @ 未分類