妻有終了しました。ありがとうございました。

2012/08/28
妻有で体験したことは、アートがどのように地域の活性化につながっていくか?ということにおいて、ダンスや演劇にもその可能性は十分にあると感じる体験でした。

もうひとつ感じたのは、地域の人々を踊らせるというよりも、そこにある文化を利用してそれをうまくみせてあげることができればいろ いろな人々とつながってゆくということでした。

観に来てくれた人も巻き込み体験をどうくり広げてゆくか?ということはアート作品が点在する大地の芸術祭にとって、これから必要なことだと思いました。ただ、そこにあるアート作品を観にゆくだけではなく、共に心に残るなにかを地域の人、観客とともにつ くってゆくことができれば人と人とのつながりを広げてゆくことができるのではないか?という可能を感じました。

演劇やダンスに興味がある人だけでやってはダメで興味のない人をどう巻き込むか?ということを考えてゆく必要があると強く感じました。私はやはり舞台人なので、いろいろ制約されると心が折れそうになりましたが、いろいろな世界があり、そこをどう開いてつなげてゆくか?ということをもっと考えてゆかなければ反省しております。

ダンスはイメージなので、言葉と違いなかなか地域の人々には伝わりにくいですが
一緒にカラス踊りを円で踊り、お客さんから拍手をもらうまでの無音がゾクゾクしたよと
皆さんが言ってくれたように、その感覚をお客さんにまで伝えたいと思いました。

今まで私は、つねに舞台をやりたいという人達のなかにいて、
今回は予期しない出来事の連続で、妻有の公演は本当にできるのか?
1人住民の人に踊ってもらいたいと思っていた場所にダンスを踊れる人がいないから
できないとのことで、私が急遽はいったり、子供達の客入れの朗読もその日により来る子
がちがったり、カラス踊りででてくる盆踊り会夫人会の人達がやっぱ無理などと
舞台のなかだけで生きている自分にとっては無理だと思えることの連続でした。

なかなか4人のダンサー達に、こうすると言うことが、ギリギリにならないと言えませんでした。
それは、大きな反省です。いろいろ他のことを考えていて、空間を考える時間が極端に少なく
空間をみている時に、ランタンを前におかれたりしてイライラしたり
雨がふって、どうなるかわからないので、もうどうでもいいと思える気分になって
周りにあたったりと、それは大変でした。(今思うと、本当にごめんなさい)

『ダンスにも演劇にも興味ないんだけど...』という人達とのコミニケーションをどのようにとっていいか?という壁はとても大きく、本当に困難でしたが、できて、とてもよかったです。観に来て下さり本当にありがとうございます。

しかし、やはり最後は人なんだと思いました。人は人によって助けられるんだと、

人を思いやる人になりたいです。農家の皆さんは私達にたくさんの野菜やお米を持ってきてくれて、おみやげまでもたしてくれて、作品で創った御神輿を秋の収穫祭でかつぐと言ってくれました。

『土いじりは、人を思いやれる気持ちを育てる。人を思いやれる人は悪口を言わない、相手にミスがあっても、よく来た、これを食べて帰れと言う人々ばかりよ。学者や企業家は最悪で、自分達のことしか考えてない、おじいちゃんもその自分勝手な1人にすぎない。人が人を思いやれるかどうか?というのは、個人が最後に選択する自由ですよ』と祖母の言っていた言葉を思い出す。

私は思いやりがたりない。反省して!今日ももらったお米を食べる。
そうして、なにか絶対に送り返そうと思うのであります。
なにがいいかな?やっさんやふみおさん、みちおさん、お世話になった人達になにを送ろうかな?と考えている。

10年後、20年後にも皆さんとお会いできるように続けていけるように、日々むきあっていきたいと思っています。
comment (0) @ 未分類

ニブロールin 妻有 

2012/08/17
2012 妻有トリエンナーレ

いよいよはじまっています。構成が大きく変わり、see/sawのあり方も大きく変化してゆきます。
農道をゆくカラス踊りとかけあい、うまくいくかどうか不安なことばかりですがやれるだけやってみます。

ニブロール始動in妻有トリエンナーレ


●そうして、サマーフェス始まっております。お疲れ様です!今週の韓国の劇団ハタセン!是非、是非皆様観に来て下さい! サマーフェスティバル 汎-PAN-2012
comment (0) @ 未分類

お知らせいろいろ!

2012/08/13
無事にsee/saw@横浜YCC終了いたしました。ダンサー達はとても成長していて驚きました。13回の公演長かったですが、最後まで皆でやりきり、多くのお客さんが観に来てくれ、追加公演までやらしていただき本当にありがとうございました。14人のダンサー達とはお別れですが、いろいろなことを学びとることができたし、この1ケ月ともに過ごせて本当にありがとう。
多くの感想をありがとう。
toggeter see/saw

そうして、私達は4人のダンサーとスタッフ達とみなでニブロールは、次の妻有トリエンナーレにむけて動きはじめております。朗読のあらいなおし、合唱するための歌の歌詞と作曲、その他いろいろ。お盆休み、両親や姉から電話がガンガン鳴るが、無視、ご飯を食べにこいと、理由が「お盆なので」だ。なんだそれ、お盆がみんな休みだと思うなよ!明日も妻有に行く前にドリフタースサマースクールのワークショップがあります。みんな今頃、ソロを創ってくれていますように...

そうして、サマーフェス始まっております。テニスコートは満員御礼で終了したようです!お疲れ様です!次の韓国の劇団ハタセン!是非、是非皆様観に来て下さい!
 サマーフェスティバル 汎-PAN-2012

サマーフェス始まっております。今週末の韓国の劇団ハタセン!是非、是非皆様観に来て下さい!
 サマーフェスティバル 汎-PAN-2012


comment (0) @ 未分類

サマーフェス始まる!こまばアゴラ駒場劇場に!

2012/08/12
ニブロール"see/sae"@YCC 追加公演は売り切れました。そうして、最終日。ありがとう。
妻有トリエンナーレは8月24日,25日です!観れなかった人お待ちしております!妻有はたのしいよ!妻有トリエンナーレ

サマーフェス始まる!みんなで行こう!こまばアゴラ駒場劇場!→サマーフェスティバル 〈汎-PAN-2012〉
comment (0) @ 未分類

追加公演決定!

2012/08/09
【Nibroll「see / saw」追加公演決定!】満員御礼! 前売チケット完売に伴い、追加公演が決定いたしました。確実にご覧頂ける最後のチャンスです!お見逃しなく!追加公演日時:8月12日(日)15時開演の回
comment (0) @ 未分類

第3週目が終了!残すところあと3回

2012/08/06
皆様のおかげでどうにか9回の公演を終えることができました。本当に来て下さりありがとうございます。全公演チケットが完売し、当日待っていただいたり、本当に見えないサイド席で観ていただいたりと感謝です。

感想はよくなかった、よかったと様々な感想をいただき感謝です。悪口はどんどん書いて下さい、客が途中で帰っていたカンパニーですので皆覚悟しております。楽しくなくても、それでも、今考える表現について、自分達なりの考えをぶつけてゆこうと思い挑んでおります。是非、どんな感想でもいただけるとうれしいです。see/saw togetter
201207220605394c0.jpg

今週から矢内原はほうき隊で皆の邪魔にならにように、タイミングがあうようにでております。なので、楽しみに、あれ?この人?とみつけていただければと思います。そうして8月11日土曜日にはダンサー達とのトークがあります。是非、いらしていただければと思います。

★チケットは全公演完売となっております。当日券のみです。

当日、演劇、展示は500円で予約なしでみれますが、演劇ワークインの公演が始まり、25分たったところでご入場できなくなります。演出上の都合上、会場入り口のドアのカギが閉まり出入りができなくなります。申し訳ありません。演劇ワークイン公演の上演時間は30分ですので、5分間だけ出入りができなくなりますが、その後は展示の様子などはみれますのでご了承を!

comment (0) @ 未分類

ゲネが続く

2012/08/01
文章、これは時間があって、暇な時にやりたい。なにかにおわれている時は、まったくなにも書けない。どうしてだろうか?書こうという気持ちはあるのですが、何もすすまないので無駄にこんなものを朝までオリンピックをみながらつくる。

本当に無駄だった。無駄な時間だった。ぜんぜんこんなことやる必要もないのに、
私の人生はこうして無駄なものにあふれて、無駄に時間がすぎてゆく。
そうして、最終的にいつも思うことは
「いいじゃないか!無駄最高!無駄なことばかりやってやる!」これからの人生の目標を
ー無駄っておもってもいいよ、無駄なことが人生をつくるんだー(みつを風)に言ってみる。

しかし、必ずといっていいほど、トイレに飾られる相田みつを先生のカレンダー(私の実家にも飾られている)どうして、こんなに主婦の心をつかむのか?と思ってトイレにあるそのカレンダーをみていると、無駄はよくない。締め切り前に泣くことになると反省して、明日から書く事にしようと思う。とりあえず、オリンピックのサッカーみよう。

ゲネに行った。
私達は何故?劇をするのか?苦しいばかりなのに何故?といつも思う。何度も観て、何度も、何度も同じことを役者達に何故言うのか?もう、辞めてしまおうと思うことも多々、それは皆同じでしょう。それでも、ふいにできたりすると感動してうれしくなったりする。よい舞台を創るという単純な目標のためだけに、日々稽古を重ねて、時間を共有し、お客さんに観てもらう。ただ、それだけですが....いろいろ考えます。

しかしながら、映画「夜と霧」でも言っていたように、過酷な状況では、無感動、無感情という状況を創り、助けることをしない人が多いが、そのなかでも歌を歌い、踊り、祈り、言葉を選び笑いをおこす繊細な人は生きのびることができたと、私は私のために劇を創ろうという気持ちよりも、今ここに共に戦っている仲間を信じて、共に感動をしたいと思うから続けているのであって、これが無駄なことであろうといいのです。

私は無駄なものをたくさん観て、皆と共につくりたいと思います。
そこに届く無断な人になりたいと私は思います。(宮沢賢治風に言いました!)納得して、無駄な時間を過ごしたいと、この時間のないなかどうにか映画:魔法少女リリカル2をみにいかなくてはと思っています。誰かTシャツ着て一緒に行こうぜ!

今週末も公演しております。

comment (0) @ 未分類