今日の稽古で

2011/09/30
今日の稽古でカスヤさん負傷。あぁ可哀想!そうして、他の3人が頑張りますが、どうしても頑張れない所もあるので私が出演することになりそうです。恐怖です。踊るなんて恐怖で足がすくみます。人の倍練習しないと人前になんてでれません。あぁぁ、可哀想。本当に痛そうで、はれていて、捻挫ですね。ケガ、それは本当に恐怖です。
201193001.jpg
comment (0) @ 未分類

今日から稽古に向かいます。

2011/09/29
今日から稽古に向かいます。詳しい情報はこちらまで

私達は、多くの命を犠牲にした上で生きているということ...そのことについてリサーチしてゆくと、やはり人は獲物を奪いあうというところからスタートしている。その後に、思いやりというものを学習したのだ。今回私は、コンセプトリサーチを大事にしている。たぶん、普通の動物園だったら、肉を取り合うだけで問題になるだろう。動物、環境、人ということをリサーチすればするほど、生き物と向き合うことの意味を自分達に問いかける結果となってきた。10月になったら多少なりとも映像をながせると思います。動物、環境、人との関わりについて考える30分にしたい。そうでないと、野毛山動物園にも急な坂にも申し訳ないのです。
comment (0) @ 未分類

終了して、また今日から稽古場に

2011/09/28
駒場アゴラ劇場サマーフェス〈汎-PAN-2011〉は無事にすべての日程を終了しました。オイスターズの人達に素敵なプレゼントをいただき感激です!これ↓です!ありがとうございます!
201192701.jpg
とてもおもしろかったです!名古屋のお客さんもどんどん増えていくこと間違えないですよ!
途中忙しくすべてを観れなかったのものの、制作陣がしっかりとフェスを支えて終了することができました。そうして来年2012年度の選定にはいっておりますが、昨年の3倍以上の応募がありこのなかから10組程度は相当に時間がかかってしまいますが、駒場アゴラ劇場の夏は、へんな魅力あるものをやっていると思われる選定にしていきますので、今年度2011年のフェスに足を運んで下さったすべてのお客様、来年度2012年も足を運んで下さい。劇場にてお待ちしております!よろしくお願いします。

comment (0) @ 未分類

京都終了!ありがとう!

2011/09/26
前向きタイモン、東京、京都公演無事に終了いたしました。足を運んで下さったすべてのお客様に感謝しております。言葉と向き合うこと、それはとても辛く、難しいことでもありますが、とても楽しかったです。3人の役者、観客、スタッフ、制作、皆に感謝です。また、それぞれに歩き始めますが、共に演劇を続けていけるようにいろいろ前向きに進みたく思います。みんなからもらったメッセージ大事にします!ありがとう!
2011-09-26 1



comment (0) @ 未分類

タイモンin京都

2011/09/22
タイモン京都公演ゲネが終了、明日から公演です。是非、皆様来て下さいね。私はこんな状況のなかで役者に公演をやらせなくてはいけないのが本当に心苦しくてならない。いくらお金がでても心が痛い。どこにアプローチしてゆき、どのような人に観てもらいたいか?なにを目指し、どこにアピールしてゆくか?ということを真剣に考えてゆくべきだと今一度考えさせられる。もちろん私自身の反省も多い。フェスティバルやトリエンナーレなど、宣伝や制作のできる場所にただ出向いていっていたのだ。多いに考えさせられる京都公演となった。役者達はこのような状況にも負けない強い精神力を持って、前に進んでもらいたい。今日の1枚です。前向きな1枚だよ。
201192201.jpg


comment (0) @ 未分類

前向きタイモン京都公演!まもなくです。

2011/09/16
京都公演『前向きタイモン』9月23日〜25日です。お電話で予約 京都文化芸術会館電話 075-222-1046 メールでこちらまで、誰でも、かれもお友達お誘いうえに、予約待っております。いろんな意味で、今しかできないものをやっております。東京公演の感想はこちらに前向きタイモンtogetterよろしくお願いします。

前向きタイモンについて考えたこと

■コンセプト
前向きに考える。それは、今の日本人にとってとても大切なことのように思います。いま私たちは多くのものを失いました。失うことによって、明日が必ずしも明日ではないということをしりました。永遠にやってこない夜と、永遠に明けることのない夜を私たちは同時に体験しています。それは一見、絶望的にも思える状況ですが、それは私たちが気付いていなかっただけで、もしくは気付いていると錯覚していただけで、それ以前もずっとそうでした。いま私たちに必要なのは、生きるということと、死ぬということが、そうした状況のなかでくり返されているのだということを本当の意味でよく理解することでしょう。そのためにはどうすればよいか。どうすればその境界線を越えて、たどり着くべき場所に行くことができるのか。答えは実にシンプルです。前を向くこと。この作品はたった1秒の間におこった物語です。たった1秒ですが、その間にすべてが変わってしまうこともあります。たった1秒ですべてを失うこともあります。1秒後の世界ですら、私たちには想像もつきません。そんなあたりまえのことを多くの人は忘れていました。シェイクスピアのタイモンもまた然り。よって彼は悲劇的な結末をむかえることとなります。けれども私たちのタイモンは違います。そのことをよく理解しています。どんな絶望的な状況であれ、すべてをポジティブに押し返す力がそこにはあります。ちゃんと前を向く。そしてやがてその時はやってくるのだと、そこで待つ。「やがて」という日本語には「すぐに」という意味と、「いつかそのうちに」という意味があります。また古くは「同時に」という意味もあり、そうしたいくつかの時間をはらんでいる言葉です。「やがて」という言葉を「永遠にやってこない時間」ととらえるか、「いま、この時」ととらえるかは、私たちがどれだけ「前を向いているか!」によるでしょう。たった1秒のなかに押し込まれた、膨大な情報量、言葉の数々、ある人物の人生、ある国の歴史、文化、人々のつながり、希望、絶望、喜怒哀楽、、、私はそのたった1秒のなかに、前を向いている身体を見つけ出したいと思います。

■あらすじ、解説
「ここで待ってるよ」
物語はタイモンが、いずれやってくるはずのユリという女性に電話でそう告げたところからはじまり、そう告げたあとに終わります。その間、わずか1秒。この作品は、シェイクスピアの悲劇「アテネのタイモン」をモチーフに、原作では、あらゆる人に裏切られ、人間不信からやがて失踪するタイモンの悲劇が描かれていますが、本作ではそうしたタイモンの卑屈なまでの性格を、あえて前向きに、不幸の淵から雄叫びをあげるかのような激しさとともに、描いていきます。登場人物は3人。祖父の莫大な遺産を相続した資産家・タイモン、その彼に仕える不幸な生い立ちのメイド、そしてタイモンとの契約で大もうけしているリンゴ農家で働く農民。世界はいまタイモンによるリンゴの買い占めが原因で引き起こされたリンゴ不足、リンゴの市場高騰、また、その対策として国が推しすすめたリンゴ農園開拓による自然破壊、それにともなう異常気象という状況にあります。ニュースは世界がこうした危機的状況にあるのは、すべてタイモンの責任だと日々騒ぎ立てますが、タイモンは素知らぬ顔でユリがやってくるのを家でひとりひたすら待ちつづける日々を送っています。リンゴ不足を嘆き、異常気象を憂う人々、騒ぎ立てるマスコミ、それを尻目に大もうけする農民の喜び、先の見えない世界、言うことをきかないメイドの苦悩、そしていつまでもやってこないユリ。善人、悪人、そして普通。。。という3人の人格をもつ多重人格者でもあるタイモンは、そうした様々な状況をそれぞれの人格を瞬間ごとに入れ替えながら、それぞれの立場で語っていきます。共通しているのはすべての登場人物が「前向き」であるということ。どんなに危機的状況のなかにあっても、すべてをポジティブにわりきってしまうこと。極端にポジティブであることは、同時に極端にネガティブであるかもしれません。またはその逆でもあるでしょう。そうした思想から生まれる行動によって、彼らがどこにたどり着くのかは誰にもわかりません。物語はたった1秒の時間しかもっていませんから。けれども通常の演劇であれば3時間はゆうにこえるであろうセリフを3人の登場人物たちはすさまじい早口でまくしたて、激しい運動量で汗をかき、そして前向きな身体をもってして、わずか1時間たらずで演じてみせます。たった1秒後、世界はどう変わるのか、変わらないのか。それぞれに抱いた絶望的な状況の中で彼らがどのようにして、前を向こうとするのか。「ここで待ってるよ」タイモンがその電話をきったあと、やってくるであろうその未来のための1秒をこの作品は描きます。


●9月19日にはトークイベントを白井剛さんと17:00からおこないます。是非にこちらもいらしていただければと思います。おっと成田からそのまま京都ですかね。


comment (0) @ 演劇

若いお客さんがたくさん来てくれました。

2011/09/16
本当に入れない人もいて、そうして、皆さん温かく見守ってくれて本当にありがとうございます。明日で最終日、いろいろ考えて日本でもよいダンスがみせられればと思います。
2011915001.jpg
そうしてティファニーと一緒にインタビュー
2011915002.jpg
ベトナム、アラベスクのダンサー達とのコラボレーション!ダンスパフォーマンス明日で最後です。
2011915004.jpg
上映も!
2011916002.jpg


comment (0) @ 未分類

話し合い続く

2011/09/15
いろいろダンスについて考える。今回ホーチミンにあるアラベスクカンパニーにとてもお世話になった。振付家の人やカンパニーの人々に助けていただき感謝です。私は本当に、ダメだ。もっとダンサーの強度を引き出さなくてはと...そうして、意味の追求についても....反省ばかりだ。どうすればフェィジカルに負けない、新しいダンスを創りだせるのか?より個性的になってゆくためには、絶対に意味の追求がいる。それを認識させるためには、やはり積み重ねが必要だし、時間も必要だろう。この作品を女子2人(小山、絹川)でやるとすると、2人に踊ることの意味、表現のあり方を理解させなくてはいけない。そうして、私自身も振付家としてやれることをしっかり見据えていかなくてはいけない。ダンスは日々の訓練は必要だ。たとえ40歳、50歳、60歳になってもその年にあったフィジカルを鍛える方法を続けていかないと踊ることはできない。(できたとしても長続きしないし、やはりフィジカルのある人に勝てない)もちろん今現在一緒にやっている他のダンサー達も基礎訓練をマスターしたダンサー達だ。だからこそ考えて、考えて、何故?どうすれば?なにが言いたいのか?10月の森下スタジオでのダンス作品ではより強度の強いものにしてゆきたい。今、ダンスを創らないと、本当に自分のなかから新しいダンスが消えてゆきそうだ。しっかり考えよう。しかし、話しあいは続き、帰ってきたのは夜中だ。映像展示もありますよ。
201191501.jpg

comment (0) @ 未分類

ホーチミンです。

2011/09/12
ホーチミン稽古場。あと2日後には公演なのですが、今日からホーチミンのダンサー達とも一緒にやります。うーん、難しい。
201191201.jpg

comment (0) @ 未分類

バンコクオープニング無事に終了。

2011/09/11
2011910001.jpg
2011910121.jpg
201191063.jpg
20119104.jpg
comment (0) @ 未分類

パラパラする。

2011/09/09
ホームページupしました。off-nibroll
バンコクもベトナムもたくさんの人に予約いただき、売り切れたそうです。ありがとうございます。

パラパラしながらダンスについて考える。なにをダンスで表現できるのか?舞台じゃないところでみるパフォーマンス...なにがみせれるのか?私は舞台からはなれると、とたんに弱くなるように感じる。観に来てくれる人に少しでもなにか残したい。照明もなく、身体一つ、そこをいい加減にしない為に日々、身体の訓練をダンサーはするわけです。しかし、これは私達にとって武器です。年をとり身体は衰えます。若いころにくらべると、ぜんぜん踊れませんが、身体へのつみかさねた時間というのは絶対にあるように感じる。日本のコンテンポラリーダンスが今弱い理由...それは後のことを考えてこなかった私達世代の振付家にも責任があるように感じてパラパラする。
201190901.jpg
comment (0) @ 未分類

まもなくオープニングin バンコク。

2011/09/08
日々、ワークショップなどもあり、展示の準備もあり、ギャラリー内にしかいない私達です。今日は写真の値段設定について話しあいました。写真に自信を持ってない私達です。しかも大きな写真作品は持ってこなかった私達です。お手頃な値段がつけられたと思います。売れるといいなぁ。映像作品は高価です。強気のギャラリーです。しかし、東南アジアはヨーロッパとちがい映像作品を買ってくれる人がいるか心配ですが、大丈夫だとギャラリーのオーナーが言うので、きっと、大丈夫なのでしょう。

私はオープニングのパフォーマンスさえ無事に終われば怖いものはありません。ダンサーの2人が無事にバンコクまでこれますように!小山さん、絹川さん無事にきてね!現地集合でごめんね。そうして夜は、京都公演のためにタイモンを稽古する夢をみました。はやく皆で京都のイノダコーヒーにいきたいなぁ。毎日会っていた役者の3人と会わなくなって異国で稽古の夢をみるとは...驚愕です。
2011907 1

comment (0) @ 未分類

アクシデント!なのでバンコクでマッサージ

2011/09/07
アクシデント?ギャラリーの人からその言葉を何度聞いただろうか?映像にはアクシデントはつきものです。デジタルモニターというわけのわからないモニターがデーターを綺麗に読み込まない。いろいろやってて夜中になってしまった。ギャラリーの人はラップトップでやろうというが....できるかと思う。映像が初めてのこと、いろいろ大変なんです。いろいろ作品を変更するか?などの話しあいがもたれ、少しデーター処理が遅くても大丈夫なようにしてみるが、やっぱり綺麗じゃない、というか、ガビガビしてる。進まないよ。

夜中マッサージ、1時間30分250バーツ+チップ100バーツそれでも1000円いかないです。皆様、バンコクにこられる時マッサージ屋さんは選んだほうがいいです。あやしいマッサージもたくさんあるので!それ目的なら全然問題ありませんが、真剣に身体にいいマッサージを受けたい場合は選ばないと、おすすめのマッサージ屋さんポーマッサージ、有名なのはワットポーマッサージスクール39のほうですね。どちらもよかったですよ。
bangkok m01

ちなみにワワットポー直営店スクンビット校 39のほうはいつも観光客で混雑しておりますが、ポーマッサージスクール直営店はバンコク在中の日本人が多いですね。もし、1時間以上待つようでしたら空いていて、技術も変わらないこちをおすすめします。

Phrom phong 駅 5番出口をでて左側に!
po-マッサージ2
階段をおりるとby the bark カフェがあります。その道をまっすぐ歩くとセブンイレブンが見えてきます。そこを右にまっすぐです。繁華街を通りぬけて(ニャンニャンマッサージも女子マッサージも男子マッサージもみないでドンドン進みますよ)するとポーマッサージがみえてくる!
po-マッサージ3


comment (0) @ 未分類

本当にございました。

2011/09/06
本当にありがとうございました。皆様に観ていただいて、東京公演満員御礼で本当にうれしく思っております。ありがとうとうございます。役者3人と私、ほぼ4人で続けてきた稽古、それに最終的にスタッフが加わり、どうにか本番をきることができました。スタッフ、制作もさることながら役者達には本当に心から感謝したい。そうして前向きに次の公演に向けて、京都公演は、なかなかどうしてお客さんが集客できない状態です。ミクニヤナイハラプロジェクトとしては、はじめての京都公演なので、是非、関西の皆様に観にきていただければと思います。東京公演の感想などはこちらに前向きタイモントゥギャリました!

そうしてバンコクもまもなくオープニングです。もしバンコクにいる人がいましたらLa Lanta Fine Art ギャラリーです。オープニングには30分ほど踊ります。無料ですので是非いらして下さい。
comment (0) @ 未分類

最終日!

2011/09/04
最終日です。追加公演のチケットも完売したそうです。本当にありがとうございます。喉がもってくれてよかったです。4人で続いた稽古から、本番にかけてスタッフ、制作共に頑張ってくれ、観に来てくれたすべてのお客さんに感謝しております。たとえ前で寝てたとしても、なんで早口で言うんだよ、意味わからないよと思った人も、とにかく来てくれた人々に感謝です。

役者達は本当に頑張りました。無駄に長い台詞を憶えて言ったり、箱をあちこちと動かしたり、(皆様に観せることはできなかった)ダンスをさんざん練習したり、と...しかし、本番とは怖いものです。今まで一度もないことがおこるものですね。明日こそはかまない、とばない、ミスしないを目指します。

いつもの小劇場より拍手が多いし、カーテンコールなんて小劇場で観たことないけど、これは役者に対してすごいよ!よくやったよ君達!という拍手だよ!「本当に凄い、お疲れ様って思っての拍手だよ」と何人かの評論家の人々に言われました。少し、笑ってしまいましたが、よかったです。それだけ、役者が誉められるとうれしいです。
3人(鈴木、笠木、山本)が舞台で必死になって生きてることを教えてくれる。それだけで、私はうれしく思っております。東京公演が終わり、少し休んで京都に前向きに向かう『前向きタイモン』の私達です。
2011-09-01 5
2011-09-02 5
comment (0) @ 未分類

日々タイモン

2011/09/03
チケットは完売し、後は追加公演を残すのみとなりました。是非、いらして下さい。お待ちしております。観に来て下さったすべてのお客さんに感謝です。「矢内原さんはどんな基準で役者さん達を選んでいるんですか?」と聞かれた。「なんかちょっとずれてる人」と答えたがあまりうまい答えにはなってなかったなぁと帰りながら考える。できない人達をギリギリできるところに無理矢理持っていって、楽しんでいるのかもしれない。そうして、観客の皆様が凄い役者達と思ってくれるとうれしい限りです。私は、必死になにかしてる姿を観ているだけで、なんか生きていようと思えるから、皆が演劇を愛している姿がおもしろいし、自分自身も勇気をもらえるように思うから、共に追求したくなるのでしょうか...とにかくあと2日をどうにか怪我、声共に保ってもらいたい。二度と観れないので、是非追加公演来て下さいね。チケット問い合わせ

今日の一枚 明日に向かって飛べ!
2011-09-03 1.
comment (0) @ 未分類

初日あけました。

2011/09/02
初日あけました。ありがとうございました。初日、緊張しすぎました。いろいろ考えます。待って、笑って、ありがとうございます。というキーワードをどのようにたたし、イメージしてゆくか?という問題がまだまだ頭のなかを駆け巡っております。そうして非難されたり、すごいと言われたり、いろんなことを気にしたりしますが、「他ではみられない、絶対にかぶらない何かがあるということは確か」というお言葉をいただき、うれしく思っております。私は、ただイメージしてゆくということを演劇でもやってみたいと思っております。もし、お時間ありましたら9月4日追加公演にお待ちしております。追加公演のチケットもうまってきております。早めにご予約いただけるとありがたいです。追加公演のチケット問い合わせ!
ー今日の一枚!ー
2011-09-02 1
汗を流し、言葉をポエムに変換して伝えようとする役者達は大変ですが、思いっきり悔いを残さないようにやってもらいたい。そうして、そんな姿をみていると、人前にでることが極度に嫌な私ですが、舞台に立って踊りたくなるのです。そんな気持ちにさせてくれる3人に感謝。観てくれるお客さんにも感謝。
comment (0) @ 未分類

いよいよ初日。お待ちしております。

2011/09/01
初日。後は、もう、役者達を信じるのみです。この3人の役者と共にできたことに感謝、そうして観にきてくれるすべてのお客さんに感謝です。今日の台風心配だけど大丈夫でありますように、素晴らしい舞台になっております。劇場にてお待ちしております。チケットはすべて完売いたしました。是非に追加公演に来ていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。当日よりも、追加公演に来ていただいたほうが確実です。当日券はかなり厳しい状態です。最終日の最終18:00からの追加公演では私も最後に挨拶にでますので来ていただければうれしいです。お待ちしております。全力で走りぬけます。チケット問い合わせ
2011-09-01 01


comment (0) @ 未分類