明日からまた公演

2011/06/30
明日から再び世田谷トラムで公演です!チケットが完売して本当にうれしい限りです。ありがとうございます!当日はでると思います。もしお時間ありましたら是非!今週で最後です!
2011-06-30 2
2011-06-30 32011-06-30 04

明日の公演にむけてダンサー達と共になおしの確認をした。お客さんの目は誰よりも厳しい。だからこそ厳しく何度も言う。ただ踊れるだけなんんてダメなんだ。ここに個性がないと、これはとても大変なことだ。もちろんすぐになんてできない。しかし、その先にあるものをみてもらいたい。テクニックを超えてゆくダンス。私はそういうダンスが好きだ。舞台というものは、目撃なのです。もう死んでしまったダンサーの形や一瞬の動きを時々意味もなく思い出したりする。日本にも好きなダンサーはたくさんいるし、海外もいるけど、でもやっぱりこの人ですよね。本当に素晴らしいですね。これを生でみれた感動は忘れない。その他にも忘れない劇もダンスもまだまだある。たぶんドミニク自信も、この時のように踊ることはできないであろう。そう、同じ踊りをくり返すことはできないダンスだからね。私達のダンスもそうありたい。だからと言ってドミニクを目指してもしょうがない、これはドミニクの素晴らしさなのだできるわけがないので、お客さん期待は禁物です。無理ですからね。でも、私達は、今できることを精一杯死ぬつもりでやりますから!

人が自己の感情を完全に表現しようとすることは容易ではないし、そうしようと思ったら、とたんに言葉は無意味になるというか、言葉が役にたたなくなる。演劇とはちがうなんか詩、音楽、絵にちかいものになってゆく。とにかく、人間は一人、一人ちがった肉体と精神を持っている。それを、どう表現するかは究極には自分自身にかかっている。振付ができることも多々あるが、一個の肉体と感情は一人しか持ちえないものなのだから...無理なこともある。しかし、人は一個という単位と同時に共通がある。この人との共通を無視して踊ることはできない。確かに、人は永久に単位だ。単位で産まれて、単位で死んでゆく。しかし、私達はそれゆえに共通点がある。その共通点をどのくらい自分らしくやるか?ということにダンスはつきる。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、ニブロールは音楽が加藤からスカンクに変わり、照明をやっていた滝之入がぬけ、この公演が終わると何名かがぬけます。私はそれでいいと思っております。私がこれからどのようにダンスと向き合っていくかは生涯かけても、答えがでてこないかもしれない。それでも、踊りと向き合い覚悟を持って進もうと思います。今回の公演を終了させて、次に新しくそれぞれに踏み出すことができる。こうやってシンプルになり、純粋にダンスそのものと向き合うことになってゆく。

ダンスをやるなんて!と家族全員の反対を背負いながら、関西から花の都東京に来た時は誰も知らなかった。両親は1円も私にくれなかった。知り合いも、誰もいなかった。それが、これだけの人が助けてくれて、踊って、観てくれる。日々の積み重ねを大事にしたい。さぁ、シンプルになろう。別れも、出会いも怖がらないで、新しい日が始まると思えばいいことです。

comment (0) @ 未分類

2011/06/29
P1000443s.jpg
P1000463s.jpg
公演が休みの日はインスタレーションをoff-nibrollでやっておりますので、是非みていただきたい!一人で劇場をうろうろして、どこからでもみれる5分間。とても贅沢な時間です!是非皆様三茶に!
comment (0) @ 未分類

ありがとうございました!

2011/06/27
3日間とも満員で無事に終えることができました。本当に観に来てくださった方々に感謝です。ありがとうございます。来週で最後お時間ありそうな人はどうぞ来てください。まだ50枚程度はあるそうですので、本当にはやめに予約いただけるとうれしいです。
2011062401nibroll.jpg

そうして今週から、空いてる時間はすべて戯曲につかわないと...まにあわない。稽古が始まる。こちらも胃炎になるのではないでしょうか?というくらい進んでない。「一回書いたからいいと思っているその気持ちがダメなんだよね〜♡」とやわらかい感じで言われる。そう、本当にそう思っていた。しかし、京都でおこなった公演は戯曲的に言うと1時間におさめようとカットの連続で、さっぱりなにをしているのかわからない。タイモンは前向きに生きながらもちっとも報われない...3人の関係をどう描くか...


comment (0) @ 未分類

ありがとうございます。

2011/06/25
今日は初日で満席で迎えられとても感謝しております。昨年愛知トリエンナーレもみてくれて、今回の初日をみてくれた人からメッセージをいただいた。いろいろ変更している所はありますが、同じ作品なことは間違えないのに、いろんなことに気がつきて、名古屋から来てよかったです。と...(涙)ろいろなことを考える。いろんな人とお話したかったのですが..すいません。本当にありがとうございます。

明日もあります!ダンサー、アーティスト、スタッフ、制作それぞれと力をあわせてよりよきものにしていきたい。
comment (0) @ ダンス

劇場入

2011/06/23
二ブロール劇場入りしております。よりよく、つまづき、繰り返す。シアタートラム、とても近いです。ステージを見上げる形式の段差が嫌いな私は段差をなくしてもらいました。桟敷席問題でゆれておりますが、是非いらして下さい。お待ちしております。

人は創造し、そうして創る。これは、みんなそうだ。年をとって趣味が大切になってくるとよく言われるが、本当に大切だと思う。私の母は若いころは美容師、子育てで忙しい毎日だったので、なにもしなかったかったが、60歳をすぎてハワイアンダンス、パッチワークを始めた。父はずーぅと読書です。その姿をみているとスポーツだって創造だし、編み物だって、料理だって、なんだって創造して創るのだ。私にとってはダンスがそうなのだ。ただ、今やりたい。60歳になってからではなく、今創造し、今創りたい。今やっての、60歳だろうと、巨匠達の歴史をみて思う。2011年この時に、私達が劇場にいるということは、お客さんも含めて、まだ、まだ創る段階にある。停電、地震と問題はつきないが、一緒に乗り越えてゆきたい。
nibroll now 2011-06-23

comment (0) @ 未分類

無事に展示してきたよ。

2011/06/19
ニブロールインタビュー第2弾だよ!是非来てね!


パブリックアートの難しさといったらないです。ここウルサンは現代(ヒュンダイ)の工場がたてならび、名古屋のようなところです。本当は黒いのが外側にくる予定でしたが、主催側の人のたっての希望で何故か内側に...子供達に大人気でした!他の作品もとてもおもそろいのでウルサンに行ったら行ってみて下さい。今月末までやっております。フレームを工場の人と打ち合わせをして、待つ、セッティング、オープニング、すぐに日本に帰国。パブリックアート、外は非常に難関でしたが、この経験を野毛山動物園の展示でもいかしていきたいと思います。
Teah2011 01Teah 2011 opening




comment (0) @ 未分類

疲労

2011/06/17
疲労にさいなままれてホテルに帰宅。元気をだすために餃子を食べながらインターネットする。釜山駅はwihiとっているよ。釜山駅1階にある”ニィーハオ”という(釜山東横INの斜め前にある)餃子屋さんはとてもおいしいです。5000ワォンで1人分にしては多い感じでだしてくれます。是非、皆様も釜山駅に来たらためしてみてね!
comment (0) @ 日記

ニブロールインタビュー

2011/06/16
ニブロールインタビューがのっております!是非皆様みてね。

14年間!ニブロールって長いですね。20代のころは、ツアーが嫌で逃げ出したり、踊ることにコンプレックスを抱き続けたり(これは今もですが)Let'sコンプレックスの私がニブロールを続けてこれたことは、観に来て下さるお客様や、周りで支えてくださった皆様がいるからだと感謝しております。是非、名古屋を観た人も世田谷にいらして下さいね。お待ちしております!


私の大好きな人達が推薦文を書いてくれました。

まだピナバウシュが生きていたころにドイツのコンペの最終選考の18組に残った時に「おもしろいよ」と言われたことを、正式な文章として残せなかったし、相川塾によんでくれた照明の相川さんの言葉も残せなかったのが心残りでならなかったので、今回はお願いしました。いつかこんな立派な人達とご一緒できるようにドバイの金持ちに作品のプレゼンをしております。イタリアのギャラリーからはヨーロッパでの今年の展示について相談される。日本のギャラリーが決まらず海外ばかり決定(何故?)....どうか日本にいい所があればと願う。いや、横浜でやらしてもらうんだった。また、のちのちお知らせします。

comment (0) @ ダンス

イルカだよ。

2011/06/15
釜山からウルサンにKTXで行く。韓国ウルサンでおこなわれるTETEAF'2011のセッティングにきた。釜山ーウルサンは、KTXだと20分くらいですが、本数が少ないので帰りの時間をチェックを行く時にするのがいいでしょう。料金は1人8000ウォンと安い。バスは1時間程度でたぶんもっと安い、しかも街中のバスターミナルにつくので便利かもしれないよ。ウルサンのKTXの駅は、街から離れているので5001番のバスにのって街のなかに向かって下さい。そうするとTaehwa河がみえてきます。(バスの人に聞いてもいいかも)アート作品が展示されているので、わかると思います。もし釜山にいる人がいれば是非観にきてね。ウルサン郊外に温泉街などもありますよ。

私の作品の素材が布なので、明日の雨にそなえてセッティングを見送る。他の人の準備はちゃくちゃくと進んでいた。みんな素敵。あぁ、私大丈夫かな?でも、もう直しようがないのでこのままやることにします。
2011-Thea 1701

時間ができたので、ウルサンにあるクジラ博物館に行く。イルカが3匹いると聞いたから...誰もいなくて係の人がたくさん写真をとってくれるし、イルカショーや4D映画(クジラについて)をみた。イルカは何時間みててもあきない。楽しい。ありがとう、とても癒された。
kuzirakan



comment (0) @ 美術

釜山です。

2011/06/14

ニブロール稽古続く、そうして私は昨日の稽古を終えて釜山につきました。やはりソウルより心なしかゆっくりしている感じがして、のんびりしてしまいます。釜山駅前ではボードをグルグル回して、スポーツのように遊んでおりました。これは今はやっているの?
201161401 3
明日は朝一番でウルサンに行きます。
comment (0) @ 未分類

通し

2011/06/13
今日はみんなが来て観てくれた。ダンサーがよくなっているので、もっとやればよくなると言われて少しウカレタ!よくなっているという言葉に甘えず、もっとよくしていこうと思う。再演でよくなっていると言われるのは当たり前のことかもしれないが、ダメになってるなんて言われた日には...きっと頭を抱えて立ち上がれないかもしれない。夜遅くに今一度ビデオを見直す。ダンスを踊ることも、創ることも日々葛藤ですね、私はいつも迷ってばかりですが、周りに助けられてる。

通しが終わるとみんなマッサージしてる。
2011-06-13
comment (0) @ ダンス

あぁ...

2011/06/12
日本に帰国しても遊んでいるわけにはいかず、ニブロールの稽古場にいるか、打ち合わせしてるか、作品制作のためにスタジオにいるか...で、友達の活動をfacebookでみては行きたいなぁと思う。...でも....ダンサー達も頑張っているので(あたりまえだけど、頑張らない人なんて一緒にやりたくないから)私は、その頑張りを伸ばしたく、あぁいいダンサーだったと観てもらったすべての人に思われたいわけで、誰かの後ろで踊っているような扱いはしたくないので、必ず皆が前に、前に表現者としてでれる作品にしたいので、通しは必要になってくる。たぶん、振付家よりも、ダンサーやその他のディレクターの為に必要になる。


韓国にセッティングしに行く。インスタレーションは外という、私にとっては過酷な状況。どんなに手なおししても、これがはたしていいのか?どうか?謎です。昨年お世話になった釜山国立現代美術館の人達も観に来る。まぁ、私以外はほとんどが彫刻家なので素晴らしい作品が並んでいると思いますので、是非韓国にいたら観に来て下さい。
teaf2011
comment (0) @ ダンス

おいこみ

2011/06/10
通し稽古の日々にはいります。とにかく失敗のないようにお客様の前にだすということです。皆様、是非観にきて下さい。よろしくお願いします。ニブロールのホームページでクリックです!

韓国Taehwa River art fest2011に参加しますが...まったくもってオブジェには自信がもてない。何故?でることになったのか?頭を抱えながらも作品ができた。

おいこみばかりの日々。そうしてあいてる時間は戯曲とむきあう...(嘘)嘘じゃなくなる、むきあわなくては....

最近はやっているアニメはなんですか?とダンサーに聞かれてすぐにでてこなかった。最近韓国にいてみれてないのですが、昔だけど、4畳半とpee Li ですが、もうみんな確認済みだよね!おもしろいよね。
comment (0) @ 日記

あごら劇場 サマーフェス

2011/06/08
こんにちは皆様お元気でしょうか?私は歯茎が腐って、怪我をして病院です。昔からですが、こうみえて身体が弱くというか怪我をすると傷口がなおらず、そこが膿ます。幼いころからそうです。なので、外で走りまわるのは厳禁です。少しの傷口でも膿から....身体が弱かったために室内運動を進められ、10歳の時に合気道を初めました。バレエがよかったのですが...両親チョイスは月謝の安い合気道でした。みるみる元気になり、合気道初段です。それでも、病院の先生には外での運動は進められないということで、18歳の時に始めたのがダンスです。ますます元気に磨きがかかってデブになりました。それでも、白血球の数値はあがらず怪我をするとすぐに膿ます。なので抗生物質は余分にわたされておりますが、飲む量は決められていて、抗生物質は飲み過ぎるとダメなので、皆様気をつけましょう!

そんなどうでもいい話ではなく、私は今年からこまばアゴラ劇場のサーマフェスのディレクターをやっております。皆様もご存知の通り、劇場はどこも大変厳しい状況ではありますがどうにか、どうにかフェスをやります。有名演出家から、まだまだこれからの若い劇団、地方演劇でとてもおもしろいものなどにダンス若手振付家や名のあるダンスカンパニーが混じっておもしろいフェスになりましたので、是非、皆様に足を運んでいただきたく思います。よろしくお願いします。是非、来てね!

プロモーションバージョン↓


↓こちらはロングバージョン
comment (0) @ 演劇

ダンサーに聞かれる。

2011/06/07
わりと日本にいない私ですが、ここ最近でなにかみたものでおもしろいものを5つ教えて下さい!と、今一緒にやっているダンサーに聞かれたのであげてみたよ。私がみているものがトモダチ関係で、トモダチになる人が少し道をはずれている人が多いので、こんなチョイス。私的にはかなりおもしろかった。日本にこないかな....今はこないかぁ、私達日本人が思っている以上に心配しているので、だからこそこれに負けないダンス作品を日本で創りたいです。しかし、こうして改めてみてみるとみんな繰り返しやユニゾンをたくさん使って、ゆっくりと説明している。私はこんな大人になってもそれが苦手です。13年前に比べるとヨーロッパやアメリカでも日常的な動きを多くとりいれてダンスを創っているカンパニーが増えましたね。しかし、その国のカラーとはでるものですね。ニブロールのカラーもしっかりだしてゆきたいですね。皆さん是非、ニブロール目撃しに来て下さいね。

comment (0) @ 未分類

日々稽古、やることが増えてゆく

2011/06/06
日々稽古。やることが日々増えていきますが、皆様にお会いするその日までやれるだけやってみます。
nibroll 稽古2
comment (0) @ 未分類

日本に帰ってきたって感じがする

2011/06/05
今は世田谷パブリックシアターの稽古場で日々稽古をしているのですが、夜トラムでやっている公演KENTARO!!君の公演をみてきた。若い、若いね。みんな頑張っていた。後、KENTARO!!君の歌が上手になっていた。デビューだな、あれは。そうして、二ブロールは今日から日々通し稽古にはいります。一瞬ですが、私も出演するので観にきてもらいたいです。世田谷トラムでおこなうのですが、思ったように客席の確保が難しく、日々席がなくなってきているので、はやめに予約いただけるとうれしいです。6月24−25日のインスタレーションは売り切れております。どうか、はやめに二ブロールチケット予約をお願いします。
comment (0) @ 未分類

魔法だね。

2011/06/03
ひとつのことに集中しはじめるとなにかと他がみえなくなる。皆様、ご迷惑をおかけしました。

舞台は確かに魔法だ。ステージに立つということは魔法にちかい。この楽しさが他のなにかに変わることなどない。苦しいが、とても楽しく、充実している。それは、たぶん舞台に立ち、踊った人にしかわからないかもしれない。袖で吐きそうになるけれど、確かにそうだ!とおもいながらこのエトワールというテレビをみていた。一人、一人の人生を思うともっとバレエもおもしろくみれる。私はサイドステージからダンサー達をみるのがとても好きだ。舌をだしているね、それがとてもおもしろい。主役でないダンサー達に心ひかれる。

そうして何故かマイケルジャクソンの孤独と同じなにかを感じるが、きっとその孤独を感じられる人でないと表現者としてはむつかしいであろう。

泣けてくるね。

振付や演出家はいろんなことが気になる。ひとつ、ひとつの仕草や台詞、そうして、その人が観客の前にだしてたえうる人なのか?どうか?その視点やとらえかたは振付家によってちがう。大丈夫でありますように、どうか大丈夫でありますように。そうして出演者一人一人や観客が通じあって素晴らしいステージができますように。そのために私ができることは、息がきれてたおれているダンサー達をかわいそうだと思わないことだ。今、倒れてくれないと、本番でこの人達が恥をかくと思うことだ。もうたぶん二度とできない舞台です。是非、皆様観に来て下さい。
comment (0) @ ダンス

今日から三茶に!

2011/06/02
韓国から帰国して3日目ですが、横浜での稽古が終わり今日から世田谷トラムにある稽古場に移動しました。三茶です。振付全体は決定してきましたが、まだまだやらなくてはいけないことがありますね。

この作品を創った時は死と生についてだけ考え"あーなってもこうならない、こうなってもあーならない"ということだけを考えて創った。しかし、いろんなことが3.11以降変化し、なんだかこの作品が、ダイレクトなメッセージのように受け取られるのが怖い。私は、ダイレクトにつながろうそんなことは考えていない。そんなことできない

内村鑑三先生の言うようにー人の生涯は、罪を犯しつつ死を前に望むべき生涯であるーと考えている。それは、苦しいということは、どういうことなのか?幸福ということは、どういうことなのか?良い事をすれば良いことがおこるなんて言われるとなんだか馬鹿にされているような気分になる。そんなことで、苦しみとか、幸福とかの本当に意味するところには届かないように思う。悪いことをしても良いことがおこる人もいるし、良いことをしても悪いことがおこる。それでも、というところだろう。

はたして、ダンスがそこまでの思想にいくことができるのか?その疑問といつも戦っている。
人のあらゆる感情が、あらゆるシーンに存在する、そんなダンス作品を創りたい。
滑稽で醜く、ネガティブ、しかし、そのなかにある美しさ。
これを観客に伝えるためには、ほんのささいなことを正確に的確にやる必要がある。

20116:1 1


comment (0) @ 日記